嵐・舞台

2016年5月17日 (火)

情熱の人

先日亡くなられた演出家の蜷川幸雄さん。
蜷川幸雄さん力尽く…

今朝は各WSで昨日の告別式の様子が流れましたが代表の5人の役者さんの弔辞に朝から涙が止まりませんでした。

蜷川幸雄さん告別式 俳優5人弔辞全文

特に愛弟子である最後の藤原竜也くん。
先日から蜷川さんの訃報に対する竜也くんの言葉を聞く度やはり胸に来るものがありましたが昨日のあの声を詰まらせながら蜷川さんへ語りかけたあの弔辞は涙無しでは聞くことが出来ませんでした。蜷川さんに対する愛と信頼そして二人の熱い、厚い絆…それを深く感じるものでした。

“僕を生んだ人”

その言葉どおり蜷川幸雄さんの舞台“身毒丸”のオーディションでグランプリを勝ち取りデビューした藤原竜也くん。私も竜也くんを知ったのはやはりその“身毒丸”のニュースやそれに密着した番組ででした。
“あの蜷川幸雄に見いだされた子”として一気に注目を集めた15歳の少年。そこから俳優“藤原竜也”は生まれた。
まさに、竜也くんにとって師であり父であり母であった蜷川さん。その存在を失ったことはどれだけ大きなことか。
だけど竜也くんはじめどの役者さんからも悲しみや悔しさ、感謝を感じると共に蜷川さんの情熱と意志は必ず受け継いで行くという強い決意を感じました。

数多くの若い俳優も育て上げ才能を開花させた蜷川さん。
さんざん叱られなじられ酷い罵声を浴びせられてもあれだけ沢山の俳優さんがもう一度蜷川さんと仕事がしたいと慕うのはそれだけ厳しさと同時に深い愛情を持った人だったからでしょうね。そしてあの厳しく過酷な稽古を乗り越えた先には新たにまた役者として一つ成長したという自信を得ることが出来たのではと感じます。
そんな風に役者の奥底に眠る本能を呼び起こし魂に熱い火を灯してきたのでしょうね。

“アイドルはね凄いんだよ。彼らは欲望の具現化をしているんだから”

そう言って蜷川さんはジャニーズはじめ多くのアイドルもどんどん起用してきました。
昨日の告別式にはその中の一人であるニノや潤くんの姿もありましたが潤くんはちょっと目が赤く潤んでいたように見えましたね。
私は残念ながら蜷川さんの舞台は鑑賞したことは無いので唯一観た蜷川作品と言えばニノの主演映画『青の炎』になりますが切なさと儚さを感じる心をぎゅっとさせる作品でした。今となっては遅いですがやはり一つでも蜷川さんの作った舞台を生で観ておきたかったですね。

誰よりも演劇の魅力に取り憑かれ演劇を愛し自分の全てを注ぎ込んだ情熱の人蜷川幸雄さん。
きっとその熱き炎は蜷川さんからその熱を受け取った多くの役者の方により灯され続けていくと思います。

蜷川幸雄さん、
改めて心からご冥福お祈り申し上げます。

2016年3月 2日 (水)

意外な繋がり

3月だと言うのに昨日は起きたら真っ白な雪景色。夕方までずっと我が地域は雪がちらつき冬に逆戻りの1日でした。北海道もかなりの大型寒波で大変そうでしたね。
春はまだまだかな~と思っていましたが今日はお天気も良く少し暖かくなってやっぱり春は近づいてると嬉しくなりました。
早く春よ来~い!!

さて、先日たまたま見つけたツイのつぶやき。
森貞文則Twitter

わぁ~、森貞さん来てたんだ~!!と何だかちょっと嬉しくなってしまいました。
森貞文則さんはきだつよしさんの劇団TEAM・発砲の劇団員だった方。
そしてきださん演出の智くん主演舞台『センゴクプー』や『テンセイクンプー』にも出演したり町田くん出演の舞台『NARUTO』にも出演されてた役者さんです。
当時のブログ記事には智くんの名前もよく出てました。

森貞文則のサダイヤリー
※良かったら貼り付けたブログ記事の前後さかのぼって読んで下さい。

まさやんとはツイにあるように一昨年の12月から昨年の2月にかけて行われたファンクラブイベントで披露した時代劇の殺陣を指導して頂いたのが森貞さんなのです。
まさやんのはパロディものの寸劇ですがそれでもそれなりに立ちまわりがあり殺陣もなかなかサマになってました。ワタクシは残念ながらファンクラブイベントには行けなかったのでDVDで鑑賞でしたが生で観たら結構迫力もあったのではと思います。
このイベント内容はほぼシークレットでしたがファンクラブサイトではイベント前にヒントとして木刀を持って汗だくになりながら何かを練習しているまさやんの写真が公開されてました。その時一緒に汗をかいて下さってたのが森貞さんですね。
芸能界ならこんな繋がりはあって当然のことですし直線的には全く関係はないけれど智くん、町田くんとまさやん…応援している大好きな人達に何か繋がりがあると何だか嬉しいんですよね。
しかも“殺陣”からというのが面白い。まさやんが時代劇をやりたいと言わなければ森貞さんとの縁はなかったのですから。
それはそうとそろそろ智くんも舞台のお仕事してくれないかな。ドラマも嬉しいですが板の上の大野智が非常に観たいワタクシです。


話はそれましたが実はライブが始まる前お友達と誰か芸能関係者観に来てるかな?それこそ潤くんとか来てないかな?なんて話していたのですが森貞さんのようにきっといろんな方が観に来られてはいたのでしょうね。残念ながら潤くんは来てなかったようですが。
一昨日のEnjoyのタイトルが『ギター』だったので一瞬期待しちゃいましたが山下達郎さんのライブでしたね^^;それはそうですよね。潤くんは達郎さんのファンですし今は特にタイムリーな関係ですしね。
でも昔はまさやんの大ファンだった潤くんです。まさやんにも復活LOVEしてくれないかなぁ~(笑)


そんなまさやんは今日newシングル『空へ』発売!!
ワタクシは今回Amazonさんにお世話になったのでまだ手元には届いていませんが早く聴きたくて待ちどおしいです。
今朝はZIPでインタビューが流れましたがまさやんのライブの魅力を分かり易く伝えてくれたいいインタビューでした。
『ライブは体が体現するパフォーマンスだから必ずしもCDの音源を忠実に再現する必要性を感じてない』
ライブでは曲作りの時の音、弾き語りスタイルで音楽を表現するまさやん。
山口くんの言葉『弾き語りの良さとCDの作り込んだ良さはやっぱり違う』というようにアレンジによって様々に表情を変えるとこにまさやんのライブの楽しさがあるのです。
最後舛アナの『ライブにも行ってみたくなりますね~』の言葉が凄く嬉しかったです。
明後日のNHKとワイドスクランブルも要チェックかな。

2015年4月 6日 (月)

小説版『双牙』を読んで(ネタばれなし) 追記あり

町田くんの呟きから数日経ちました。
まだ少し寂しさは残っているもののいろんなものに触れることにより寂しさは希望と期待に変わっているワタクシです。

実は呟きのあった夜は町田くんへの様々な思いで寝付けずに先日購入しまだ四分の一ほどしか読んでいなかった『双牙』を一気に読みきりました。
そして改めてそのストーリーに感動し涙しました。特に後半はずっと泣けて泣けて…^^;
読み終えた後もまた町田くんのことを思い涙でしたが『双牙』という作品の素晴らしさに胸を強く打たれやっぱり購入して良かったと思いました!

1428158750750.jpg

先月の町田くんの誕生日前夜に久しぶりに『双牙~零~』を鑑賞していたので読みながら脳内では舞台のキャストが演じる画が浮かび本を読んでいながら感覚的にはDVDを観ている感覚でもありました。
また『双牙~零~』は過去記事でも少し触れましたが『双牙』のエピソード1にあたるので物語的にも繋がりその世界観に直ぐ入り込みました。

『双牙』は町田くんを主演に迎え再演されることになった時(町田くんでは初演の2012年時。2014年にもまた町田くんで再演されています)ホームページであらすじを読みとてもワタクシ好みの作品で惹かれていました。
分類としては時代劇アクションですね。
きださんの作品は発砲時代は分かりませんがきださん自身がヒーローものや時代劇設定のものがお好きなこともあり智くんのプーシリーズはじめこの時代劇アクションが多いように思います。
しかし設定は昔の時代であってもどこか現代っぽいアレンジとユーモアを織り交ぜ決して固い感じではないので気楽に楽しめる感じです。
そして今の現代に欠落しかけている人と人の結びつきや絆、友情の素晴らしさがテーマになっていることが多いですね。
きっとそれはきださん自身が人との繋がりや結びつき、友情や絆を大切にしておられる方だからだとブログを読んでいて感じています。
因みに小説版『双牙』は舞台『双牙』の脚本を元にライトノベル作家の新堂 樹さんが執筆したもの。
よって脚本を担当した羽仁 修さんと演出・脚色のきだつよしさんと3人の連名になっていました。
まだ舞台版を観ていないので小説版との違いは分かりませんが主役の二人だけでなく脇を固めるキャラクターがまたとても魅力的でそれぞれにまた絆や友情という物語が描かれているところがまた素敵な作品でした。

実は上記の2012年秋に町田くんが演じることになった時この『双牙』の物語の内容を知って、もしかたらきださんはこの作品は大町の二人で舞台の再演を考えておられたのでは…と少しよぎったことがあります。
ワタクシ自身が『この作品は大町で観てみたい!』という願望もあったからなのですが、その一年前にきださんがブログで大町の二人が自分の舞台で共演したいと話していて自分も是非実現したいと思っていると仰っていたから…。

そこへ一年後町田くんときださんの再びのタッグ。
しかもオウカとツムギという主役キャラクターを軸に友情や絆を描いた『双牙』という作品。
おまけにオウカとツムギはイメージカラーが赤と青ときてワタクシの妄想は膨らむばかりでした(笑)

今回『双牙』を読んでみて主役2人の関係が大町に重なって見えることもありました。
だからこそやっぱり観てみたかったですね。
特にラストのオウカとツムギ…
あのシーンの町田くんと智くん。
きっと素晴らしい演技対決、魂のぶつかり合いが見れただろうと思います。
また、きださんが当時ブログで町田くんはオウカのような人とよく語っておられましたが正にオウカは町田くんそのものに感じます。
本当に真っ直ぐで純粋で…


小説の中にこんな一文があります。

“進むべき道はこれ、と一度決めたからには全身全霊を傾けてただひたすら駆けとおす。オウカとはそういう男なのだった”

この言葉に今回の町田くんの旅立ちを思いました。
まさに町田くんはこの言葉どおりの人だと思うから…。
今は新しい道で新たな目標に向かってひたむきに頑張っていることでしょう。
そしていつか新たな仕事でオウカのように名を上げてワタクシ達の前に現れてくれる…今はそんな気がしています。

そして、そして、大町…
離れていても違う道でも2人はお互いの力を信じ応援し心で支え合っている。
最強の盾と矛の二人のように。

だから何一つうろたえることはないじゃないか。
何だかそう思って自己完結したワタクシです(笑)
だいぶ双牙の世界に肩入れしてはいますがね^^;
浮上出来たことには変わりないのでいいんです(爆)


余談ですが、ワタクシがきださんを知ったのは智くんの舞台がきっかけなのですが、きださんのブログを読みはじめてびっくりしたことにワタクシが大好きだった仮面ライダー『仮面ライダー響鬼』を前半だけではありますが手掛けられていたこと。
でも知って納得でした。
やはりきださんの作風がワタクシ好みだということだと(笑)

1428256122798.jpg

一昨年仮面ライダーシリーズ数作が小説化。
“響鬼”は勿論きださんが執筆とのことで昨年購入しました。
TV版とはまた違いますがやはり面白い作品です!
変身忍者 嵐も登場します(笑)
これについてはまたいつか語りたいと思います。


※良かったら関連の過去記事ときださんのブログ記事です。

ご褒美

入所記念日ー!!

きださんの記事
久しぶりのサスケ

〈追記〉
1428328601990.jpg
グッドタイミングと言わんばかりに今夜帰宅したらお友達から借りる約束をしていた『双牙』が届いてました!
まっちーの進化を楽しみながら観たいと思います。

2011年2月10日 (木)

君と見る千の夢cd発売sign03

いやぁ〜、びっくりですwobbly久しぶりというか珍しく嵐さんの舞台DVD発売sign03ですねupupup

昨年の5月東京グローブ座で相葉ちゃんが主演した舞台『君と見る千の夢』のcdDVDが3月23日に発売ですpaper

嬉しいですねhappy01
舞台も狭き門なうえ最近は東京公演しかなかったりするのでなかなか観ることが出来ないし、舞台はなかなかDVD化されないので。貴重ですよね。

出来ればこの際過去の舞台もDVD化してくれたら嬉しいんですけど〜〜〜sign03
ニノちゃんのや潤くんのも見たいし、プーシリーズも。
そして、そして出来ればWest Side Storyも見たいsign03おまけにStand by meも。結局全部見たいですcoldsweats01

是非ご検討を願いますm(__)m

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ