嵐・雑誌

2015年6月27日 (土)

茶道と智くん

※注 ワクワク学校2015の内容に少し触れています。ネタバレが嫌な方はお気をつけ下さい。


先週のお休み、片づけの途中にふと思い出して戸棚の奥に眠っていたこちらを出してみました。

1434170898912.jpg

我が家の茶道具。
母が昔お茶を習っていたのでその時使っていたもので私も一緒に使っていたものです。
私は本格的に習っていた訳ではありませんが小学生1年の頃から母が通っていた教室によく着いていってはたまに薄茶を頂いて作法を教わってました。また、お正月などには母と着物を着て薄茶を家族でいただいたり時にはワタクシが振る舞ったりもしてました。

最近では全く点てることはなくなり何年も使ってませんでしたが今年のワクワクでは智くんが授業でお茶を点てたと聞きちょっと懐かしくなって出してみました。

因みに右上から
・建水(茶碗を清めたりする湯を捨てる器)
・茶碗
・茶杓(抹茶を入れるさじ)※真ん中の竹の棒
・茶入(抹茶を入れておくもの)※2つとも
・茶筅(抹茶を混ぜる道具)
これに後は茶巾(ふきん)で茶道具は一通り揃います。

ワタクシのお茶碗は小学生時代に買って貰ったのでちょっと可愛いお雛様柄。

1434170901097.jpg

母のは紅葉柄で飲み干すと中に白い花びらが見えます。

1434170902587.jpg

1434170904042.jpg

薄茶はやはり何といっても茶筅の使い方。
手首のスナップを使ってあまり泡立てるのではなく優しく混ぜるのが大切。力加減が少々難しいです。
きっと器用な智くんだからそれは上手なお点前だったのではと思います。
それにあの美しい手で薄茶を立てる姿には惚れ惚れしちゃうでしょうね~。
常々言ってますが智くんは和が本当によく似合う人ですしね。
実際大阪2日目の授業を受けた嵐友によると智くんがお茶を点てている間は会場全体シーンとして見入っていたそう。嵐友も翔担ですがモニターに映る智くんに釘付けになって見とれたそうです。


今回レポによると智くんはわざわざ京都の今日庵に習いに行きそのVTRが流れたとのこと。今日庵といえば裏千家ですかね。
しかし智くんはやはり何かと京都とは縁がありますね。そして京都がよく似合う男です(笑)
京都でお茶といえば観光立国ナビゲーターのお仕事で作成した日本の魅力を伝えるフィルム“Message from Japan”。その中でも智くんは草庵風の茶室で有名な高台寺の遺芳庵で薄茶をいただいてます。
高台寺は秀吉の正室、北の政所ねねが秀吉の弔いの為に建立したお寺ですね。

1433924818261.jpg
遺芳庵

1433924819600.jpg

因みにワタクシは3年前に智旅に京都に行き実際にこの遺芳庵を見てますがこの茶室かなり小さいです。実物見てそのこじんまりとした大きさにびっくりしました。
フィルムでは智くんは既に中に入り靴を揃える姿からなのでその小ささに気づきにくいですが智くんと同じ身長のワタクシが立つと藁葺き屋根の半分くらいまで行きました。


また、実は智くんは月刊嵐のコーナーでも翔くんと抹茶の点て方を習ってます。記憶の片隅にあったので過去の切り抜き探してみたら2008年でした。


1435393527365.jpg


1435393778790.jpg

右が智くん、左が翔くん。

この時も器用にこなす智くん。筋がとてもいいと言われてます。
翔くんは若干点て方の力加減が分からなかったようで再度先生と一緒に点ててましたね。
この時も『やっぱり器用だなぁ』と翔くんは感心してましたが今回のワクワクでもガン見してたらしいですね(笑)

そして今日からワクワク東京校が開校になりましたが本日は茶会の主客はニノだったそうで…まだ詳しいレポ読んでませんが楽しい大宮劇場が見れたのかもですね~。掛け軸のお言葉何だったのかな?
そういえば会場に飾らているお写真が智くんは千利休なのはやはりこの茶道からなのかもですね。

ワクワクレポ読んでいたらワタクシも久しぶりに薄茶を味わいたくなりました。
今度抹茶を買って来て久しぶりに点ててみようかな。


今年は“春夏秋冬”がテーマのワクワク。
どの先生の授業もまた本当に楽しそうです。いつも大切なことを楽しみながら教えてくれる素敵な授業のワクワクですから是非とも事務所さんDVD化お願いします~。


2015年6月 8日 (月)

奈良さんとの交流と存在

週末はワクワク大阪校開校でしたね!!
無事に終了したみたいで何よりです。今回Jumpくんを生徒に迎えたことでより楽しい授業となったようですね。
嬉しいことに大阪の嵐友親子が昨日の授業を受けたらしいのでまた授業報告をしてくれるのを楽しみに待ちたいと思います。
先日はフリスタⅡの大阪開催決定の嬉しいお知らせにブラスト宮城のハガキも届きアラシゴトが一気に忙しくなってきましたね。

さてそんな中、先日のさとラジでは久しぶりに奈良っちこと奈良美智さんの名前が出てました。
最近では奈良さんの話題を聞かなくなっていましたが変わらず交流が続いていることが分かりとても嬉しかったです。

現代美術家の奈良さんと智くんの出会いは嵐10周年記念のZEROでの特別対談でしたね。
5分程度?(いやもっと短かかったかも?)の短いものでしたが智くん同様に柔らかく緩やかな空気を纏った奈良さんとの対談は二人だけの独特な時間と空気が流れ見ていてとても心地よいものでした。
お互いの作品を見ながら言葉を交わす二人は空気感がとても似ていて凄くシンパシーを感じてるのが伝わってくるものだったんですよね。
案の定それをきっかけに意気投合した2人の交流はその後深いものとなっていきメールでやりとりが続いていることなど奈良さんのブログで度々語られました。
ブログを閉鎖してからはTwitterで交流が続いていることを呟いてくれていた奈良さん。ここ数年はきっと嵐人気や智くんのことを考慮して呟かれてなかったのでしょうね。


久しぶりの話題にちょっと懐かしくなってここ数日奈良さんとの交流をざっと振り返ってみてました。

観光立国ナビゲーターに就任した嵐さんが2010年にその活動の一環で日本の魅力を伝えるべくそれぞれ興味深い地域に旅に出たのをまとめた『ニッポンの嵐』。
そこで智くんは『奈良さんの作品を生で観てみたい』と奈良さんの故郷である青森県の弘前を訪れ奈良さんのルーツと作品に触れました。


1433567018260.jpg

1433567019078.jpg
(奈良さんのA to Z メモリアルドッグにまたがる智くん)

青森では“モノづくり”が盛んで日常的なもの。そのような環境で育った奈良さんにとって“モノづくり”は生活の一部みたいな関係ということを知りました。

その後『美術手帳』7月号の特集で奈良さんの個展『セラミックワーク』を鑑賞しながら対談をします。
この時がZERO対談後から初の再会でした。

1433681186243.jpg

この時も作品を観ながら語る2人は本当に楽しそうで仕事というよりまさにプライベートで会っているかのようでした。その長年の友人かのような仲むつまじい様子や空気感は写真や記事からもよく伝わって来ました。
ここでの会話からはお互いの作品が出来るまでを写メし合ったりして刺激を貰っていることも分かります。
また、作品の説明をする奈良さんの言葉からは智くんにとって良きアドバイザーであり誰よりも智くんの発想や才能の更なる進化を楽しみにしているのを感じる内容でした。

その年の30歳の誕生日には奈良さんから奈良さんの個展『Nobodys Fool』の招待を受けニューヨークへ。
時間外に奈良さん自身に説明を受けながらたっぷり作品を堪能し思い出深い誕生日を過ごしました。

大野くんのbirthdayは…

そのニューヨーク旅の様子を載せた『SKYWARD』では充実したプライベートを楽しんだのを知ることが出来たのと同時に奈良さんとの出会いが智くんの創作活動にとってとても重要なものだったことが分かります。

1433567019995.jpg

1433755238208.jpg


初の個展『FRRE STYLE』を終えてからアーティストとしての注目や期待が高まる中で智くんは一つの壁にぶち当たっていたんですよね。
今までは自分だけの楽しみとして向き合ってきた創作活動。その向き合い方が変わってしまった。
なぜ自分は創作活動をするのかその意味が分からなくなってしまい描けなくなっていたところへお仕事で奈良さんと出会いそのおかげで迷いから一歩抜け出すことが出来た智くん。

黒猫智で話題を呼んだ2011年11月号の+act では奈良さんが智くんの“モノづくり”についてインタビューに答えてくれています。
そこで奈良さんは智くんの作品の向かい方は趣味の域ではなく“美大生スピリット”だと語っています。
要するに智くんにとって創作活動は“必要なもの”、“生きて行く上でなくてはならないもの”。そこが趣味でやっている人と違うところで壁が出てくるのだと。
奈良さん自身も常に周りの期待に対するプレッシャーや求められるものではなく“純粋に自分のやりたい事をやる”という智くんと同じような壁と闘ってると言います。
こういう自分自身の中での心のせめぎ合いは美術家の方に限らず小説家やシンガーソングライターなどアーティストと呼ばれる人なら誰しもあるものですね。
そういう点からすると智くんは根っからのアーティストなのかも知れません。


その後2012年の24時間TVではチャリTの共同制作にも取り組んだ2人。


1433753584951.jpg

この時も未来に対するお互いのイメージが“二葉”とたまたま合致していたなど仲良しエピソードも飛び出し共同制作を楽しんでいました。

こうした奈良さんとの交流から刺激を受け創作のインスピレーションも受けてきた智くん。
奈良さんとは年齢を超えよき友人としてまた“モノづくり”と向き合う一人の作家としていい関係が続いてます。
本当に不思議な縁で結ばれた2人ですね。

智くん本人もよく語っていますがここ数年の創作活動には奈良さんの存在が大きく影響しています。
同じく24時間TVのチャリTを共同制作した草間彌生さんにしろ様々なアーティストの方との交流で更に智くんの想像世界が広がったであろうこの7年。
また一歩進化した“大野智”が詰まっている『フリスタⅡ』は本当に楽しみでなりません。
来週いよいよその『フリスタⅡ』東京展の発売ですが出来ればこの7年を生で直接感じとれる機会を手にすることが出来たらと思います。

奈良さんに是非見て欲しいと語ってた智くん。
きっと奈良さんも楽しみにしているに違いありません。
また奈良さんの感想も聞けると嬉しいですね~。


〈奈良さん関連過去記事〉
美術手帖
奈良さんのつぶやき

2015年1月31日 (土)

相棒 (追記あり)

あっという間に今年度最初の1ヶ月も本日で終わりです。
今年はセールが例年になく静かで実は毎日頭を抱えてた1月でしたsweat02sweat02
先々週からはずっと夏物の発注にも追われてましたがやっと一段落。
でも来週はまた大阪出張ですsweat01

そんな中今月はワタクシの大切な相棒サトピン(愛車)のメンテナンス時期がやって来まして。
所謂車検ですね。
2日ほど代車生活で寂しい日々を送りましたが先日無事に帰って参りました。


1422688270813.jpg

初車検ご苦労様(笑)
やっぱり相棒が一番ですね~!!
車に乗られる方は分かると思うのですが長く乗っていると乗る者の個人的な癖が車にもつくので愛車が一番しっくりくるんですよね。

田舎町の我が地域ではcar自家用車は本当に必需品です。
ワタクシの大切なパートナーもこのサトピンで四代目(4台目)。
初代のLIFEからだいたいこんなワゴン型軽自動車car
でもこの前まではカラーはずっとシルバーだったのですが三代目がそろそろ引退かなぁという時期にこの新発売のブルーがとても綺麗で一目惚れlovely
サトシックですしね~、これしかないなと(笑)
よってあだ名は“サトピン”に( ´艸`)
購入時数ヶ月前にtvひみあらの吉高ちゃんの回が放送されてたのでね。
購入後にNISSANのCMキャラクターになった嵐さん。
もう少し早ければNISSAN車にしていたんですけどね。残念bearing


毎日の通勤に趣味ゴトに西へ東へ他県へといつもワタクシの足となって相当な距離を走ってくれる大切な相棒。感謝してます。
まだお付き合いは3年なので大切に大切に愛を育んで(笑)あと最低4年は乗りたいなと思ってます。


バックショットが特にお気に入りなので(ライト部分がうっすらピンクなのが可愛いくて)ちょっと時間に余裕出来たら以前からしたいと思ってるオリジナルステッカーを作成して飾ろうかな。

1422714422703.jpg

コンうちわに使ったカッティングシートもいろいろ残ってるのでちょうどいいかも。
早くあったかいcherryblossom春になって遠出のドライブに出かけたいなぁ~。


ところで今日は仕事帰りに本屋へ立ち寄り久しぶりにbook雑誌チェックsign03
元々は仕事関連のファッション雑誌を見に行ったのですが勿論TV誌や嵐さん関連もチェック。
立ち読みだけのつもりが思わずbook『オリスタ』をお持ち帰りしてしまいました。

1422717439349.jpg


なぜなら『さようなら!青山劇場 PLAYZONE 30years』の記事に嵐友さんから情報を頂いていた噂の歴代出演者からのメッセージの映像写真が載っていたので。
智くんのコメント映像のバックには話に聞いていた当時の大町のショット映像がheart04
その他にもTOKIOやトニセン、斗真くんに知念くんなどプレゾンに育ててもらったゆかりのメンバーのメッセージ映像の写真が載っています。
まっちーもコメント映像があったらしいのですが残念ながらその写真は載ってませんでした。
しかしコメントを寄せたメンバーの全員ショット的な写真には映っています。
また今回の公演の出演グループ別の写真も分かりやすくていいです。

過去記事にも何度か書きましたがジャニーズのエンターテインメントの歴史を知る上で欠かせない舞台“プレゾン”。
それを見守り続けた青山劇場での本当にラスト公演。
記念にどれかは買っておきたいと思っていたので嬉しいです。

同じように一冊持っておきたいという方、大町ファンの方是非お勧めですよ~。


※追記
過去記事良かったら参考までに
ありがとう青山劇場

買っちゃた(^^)v

相棒 (追記あり)

あっという間に今年度最初の1ヶ月も本日で終わりです。
今年はセールが例年になく静かで実は毎日頭を抱えてた1月でしたsweat02sweat02
先々週からはずっと夏物の発注にも追われてましたがやっと一段落。
でも来週はまた大阪出張ですsweat01

そんな中今月はワタクシの大切な相棒サトピン(愛車)のメンテナンス時期がやって来まして。
所謂車検ですね。
2日ほど代車生活で寂しい日々を送りましたが先日無事に帰って参りました。


1422688270813.jpg

初車検ご苦労様(笑)
やっぱり相棒が一番ですね~!!
車に乗られる方は分かると思うのですが長く乗っていると乗る者の個人的な癖が車にもつくので愛車が一番しっくりくるんですよね。

田舎町の我が地域ではcar自家用車は本当に必需品です。
ワタクシの大切なパートナーもこのサトピンで四代目(4台目)。
初代のLIFEからだいたいこんなワゴン型軽自動車car
でもこの前まではカラーはずっとシルバーだったのですが三代目がそろそろ引退かなぁという時期にこの新発売のブルーがとても綺麗で一目惚れlovely
サトシックですしね~、これしかないなと(笑)
よってあだ名は“サトピン”に( ´艸`)
購入時数ヶ月前にtvひみあらの吉高ちゃんの回が放送されてたのでね。
購入後にNISSANのCMキャラクターになった嵐さん。
もう少し早ければNISSAN車にしていたんですけどね。残念bearing


毎日の通勤に趣味ゴトに西へ東へ他県へといつもワタクシの足となって相当な距離を走ってくれる大切な相棒。感謝してます。
まだお付き合いは3年なので大切に大切に愛を育んで(笑)あと最低4年は乗りたいなと思ってます。


バックショットが特にお気に入りなので(ライト部分がうっすらピンクなのが可愛いくて)ちょっと時間に余裕出来たら以前からしたいと思ってるオリジナルステッカーを作成して飾ろうかな。

1422714422703.jpg

コンうちわに使ったカッティングシートもいろいろ残ってるのでちょうどいいかも。
早くあったかいcherryblossom春になって遠出のドライブに出かけたいなぁ~。


ところで今日は仕事帰りに本屋へ立ち寄り久しぶりにbook雑誌チェックsign03
元々は仕事関連のファッション雑誌を見に行ったのですが勿論TV誌や嵐さん関連もチェック。
立ち読みだけのつもりが思わずbook『オリスタ』をお持ち帰りしてしまいました。

1422717439349.jpg


なぜなら『さようなら!青山劇場 PLAYZONE 30years』の記事に嵐友さんから情報を頂いていた噂の歴代出演者からのメッセージの映像写真が載っていたので。
智くんのコメント映像のバックには話に聞いていた当時の大町のショット映像がheart04
その他にもTOKIOやトニセン、斗真くんに知念くんなどプレゾンに育ててもらったゆかりのメンバーのメッセージ映像の写真が載っています。
まっちーもコメント映像があったらしいのですが残念ながらその写真は載ってませんでした。
しかしコメントを寄せたメンバーの全員ショット的な写真には映っています。
また今回の公演の出演グループ別の写真も分かりやすくていいです。

過去記事にも何度か書きましたがジャニーズのエンターテインメントの歴史を知る上で欠かせない舞台“プレゾン”。
それを見守り続けた青山劇場での本当にラスト公演。
記念にどれかは買っておきたいと思っていたので嬉しいです。

同じように一冊持っておきたいという方、大町ファンの方是非お勧めですよ~。


※追記
過去記事良かったら参考までに
ありがとう青山劇場

買っちゃた(^^)v

2014年4月 4日 (金)

春の嵐

昨日までのsun暖かい春日和からうってかわって今朝は我が地域はtyphoon強風にrain雨と春の嵐が吹きあれとても肌寒い1日でしたsweat02sweat02

出勤途中にはなんとあられも降ってきましたwobbly

せっかくこぼれ落ちそうなほど満開に咲き誇っていたcherryblossom桜もちょっと散ってしまい悲しいですね〜。


さて春の嵐と言えば山風合わせの嵐さんのアラシゴトが忙しくなってきてますね〜sweat01sweat01

翔くんの神カル祭に重なって大宮祭も始まり番宣に雑誌にとまさに嵐巻きおこってます。

仕事がちょっとバタバタしてるワタクシはほぼ追いつけてませんcoldsweats01
まっ、ここ数年はそれでもたいして焦らなくなりましたが(笑)
押さえておきたいものだけ遅れてでも見れたらoksign03というスタンスなもんで。

そういえばよほどのことがない限りtvWSとかも録らなくなりましたねcoldsweats01
まっ、録ってても見たらサクッと消すようにもなりました。

昔先輩ジャニファンのIちゃんが言ってたこと今はよく分かりますね。
別に気持ちは同じだけど落ち着いたってことなのかもですconfident


だから今晩のmovieGANZTSも二ノちゃんごめんなさいm(__)m
劇場で鑑賞したしDVDもあるので、録画もしてないし最初のコメントだけ見て終了。
他にたまってる番組消化して容量あけないとですしね。
この時期は特番だから時間長いし大変ですねsweat01sweat01

雑誌は昨夜悩みに悩んでbookwithだけお持ち帰り。

bookテレビジョンzoomも悩みましたが死神くんスタイルは今から存分に拝めるのでこの前のテレビ誌で十分かなと。
それよりはやはり普段の智くんの女性誌を厳選してと…と思ってましたがbookwithの智くんの素足に惹かれて思わず連れて帰ることに。

ここでもたまに書いてますがワタクシ美しい智くんの手と同じくらいこれまたスッと美しい智くんの足も好きなもんでheart04
眼鏡智も素敵でしたしねwink

インタビューはザッーとしかまだ読めてませんが仕事に対する思いや普段の過ごし方、メンバー、嵐のことを智くんらしく語ってます。

その中でちょっと好きだったのはやはりメンバーのこと。
みんな変わらないという話から

『二ノは昔からゲームが好きだし、翔ちゃんはニュースの時とのギャップがいい。それね、オイラの好きなところ。相葉ちゃんの無邪気さも、松潤の仕事に対する細かさも全然変わらない…(省略)…』
って語ってるとこ。
すみません、山好きにはこの“オイラが好きなとこ”がたまらないのですlovely

本当に昔から智くんはヘタレ翔くんとキャスター翔くんのギャップの激しさが大好きなんですね。


もう一つ。
20代は自分に厳しく追い込んできたけど今はそれがなくなった気がするという智くん。
でも松潤から『揺らがないところは揺らがない』と言われたらしく。
それはどうやら振り付けのことで松潤とやりとりしてる時に言われたみたいですね。

『松潤が意見を言ってきても、“イヤ、でも…”とか結構言ってるみたいだし(笑)』
と話してます。

どんなやりとりしてるのかちょっと想像しちゃいました。
真剣に意見し合う二人。なんかかっこいいな〜。


しかしbookwith付録付きだからかなsign02
こんなに高かったっけsign02と思うお値段でしたねcoldsweats01

だから本当は二ノも一冊お持ち帰りのはずでしたが見送りました。
まぁ、bookan・an二ノの予定がbookroraの二ノも良くて悩んだ末決めれなかったというのもありますがsweat01sweat01

bookan・anはインタビューが魅力的。
bookroraは神楽を少し彷彿させる眼鏡二ノが魅力的なのと他の台湾特集がワタクシ気になってまして。

本当は2冊買えばいいんですが雑誌も今は出来るだけ買わないようにしてるのでね。
まっ、ちょっとよく考えますpaper


さてブルーレイの整理も持ち帰りの仕事もちょっとやらなくては…

あー、自分が二人、いや三人は欲し〜いsweat01sweat01

2013年9月24日 (火)

blue

現国立での最後のライブ『アラフェス2013』も無事に終了したみたいで何よりです。

あっ、ずいぶんとまたご無沙汰してましたねここは…coldsweats01


ああ、ところでアラフェスですね。ワタクシ行けてませんよ(笑)
申し込みさえしてませんsign03っていうか出来なかったってのが正しいかな。

日程出た時点で仕事お休み取れないから諦めましたpaper
でもワタクシ一人申し込みしなかったからといってどうにかなるような倍率ではありませんがね(笑)
今年は昨年よりさらに激戦だったみたいですしsweat02sweat02

うーん、しかしいろいろ耳にすることに絶句。沢山思うことあります。
でも言いません(笑)
ただね本当に残念だなぁと悲しくなったかな。
迷惑がかかり一番悲しむねは大好きな嵐さんなのにね。
嵐さんを取り囲む嵐はいつになったら治まるのかなsweat01sweat01


さて、そんな中やっと手に入れたbookザ・テレビジョンCOLORS bluepaper

発売は先月の末あたりだったんだけども発売翌日に本屋に行ったらどこにも無くてですねsweat01sweat01
近所の本屋全て梯子しましたよ(笑)
でもやっぱり無くてsweat02sweat02
Amazonも無しsign03

すっかり諦めてた先日。
書店に勤める妹を持つ親友にその話したところ妹ちゃんがグループ店から店頭用の在庫を見つけてくれましたsign03

店頭用だからちょっと読まれた後あって汚いかもと言われてたけど全然気にならないくらい綺麗だったupup
何でそんなに欲しかったかというとですね〜ロングインタビューが読みたかったからpaper


良かったsign03
良かったよupup
噂どおりいや想像以上に良かったsign03

聞きたかった言葉が全てありましたconfident
大町コンビの共演を願うファンとしてはこんなにJr.時代の話で“町田”“町田”と名前を挙げて語ってくれたことが嬉しくてたまらなかったhappy02

やっぱり智さんのJr.時代には町田くん無くして語れないんだろうな。
でも町田くんの名前出したのもこんなに沢山話してくれたのも久しぶりですね。
とにかく変わらない二人の絆を感じて嬉しかったなぁhappy02


そしていつものファンへの想いや嵐のこと。嵐メンバーへの想いも語ってくれてますsign03

『この4人とだからやってこれた』と…

そして

『この4人とならこの先もみてみたい』と…

この時特に翔くんは年下なのに凄い人と改めて褒めてる智さんsmile
相変わらず本当に智さんは翔くんを尊敬してるんだなぁって感じましたねconfident

普段メンバーの中では一番自ら嵐メンバーへの想いを語らないから改めて聞けて嬉しかったsign03


そして、そして何といっても最後の言葉sign03

『どれか好きなものをやっていいって言われたら…今なら俺は舞台を選ぶかな』
weepweepweepweepweep
マジですかぁぁぁ〜sign03

まさかそんな風に思ってるなんて。
嬉しいhappy02
お願いですから是非やって下さいよ〜。

ワタクシ今一番見たいのは
やって欲しい個人のお仕事は舞台なんだよね。


ずっと言い続けて5年経ちましたけどcoldsweats02

今年こそはと毎年期待してるんですけどsweat02sweat02


事務所さんどうかお願い致しますm(__)m
できればwith町田くんでpaper+きださん脚本・演出でねsmile


とにかく買って良かったsign03ザ・テレビジョン BLUEbook

2012年4月 4日 (水)

“H”これまでの嵐これからの嵐

“H”これまでの嵐これからの嵐
良かったです!!


先ず本屋で表紙や中の写真を見て即買いでしたが

何よりもインタビュー記事が本当に良かった!!


今や名実共に国民的スターになった嵐さん。
その魅力や軌跡をあらゆる媒体で検証してる今。

今回のこの“H”もそこに迫った一冊だけど、

ライターさんの表現する言葉より

私がくどくど述べる感想より

全てはこのインタビュー記事の5人の“会話”に“言葉”に“思い”にあると思います。


私の感想を一つだけ言わせてもらうなら10周年の時のあらゆるインタビュー記事を読んだときにも感じたんだんだけど

嵐さんはちゃんとファンの気持ち分かってるんだよね(ToT)

そして自分達のことも…

一歩一歩をちゃんと踏みしめてる人達だなと…


だからこその今の位置にいる人達だと
ここまでこれたんだと

そしてこれからも…
“変わらない”

そう思います!!


とにかく写真もいいからお薦めですね(^O^)/

2011年10月11日 (火)

怪物くん雑誌祭!!

怪物くん雑誌祭!!
いよいよあさっては怪物くんの試写会ですね。

ワタクシは……………………………

(T-T)ハズレましたー!!

会いたかったな太郎ちゃんっ!!
まぁ、当たれば奇跡と思ってたけど(^^;
協力して下さった皆様ありがとうございましたm(__)m

でも東京には遊びに行ってきます♪♪
切符もホテルも勿体ないからキャンセルせずお友達に会ってきます!!もちろん嵐さん智さん巡りしてきますよー(^-^)v
またそれについてもアップしたいと思ってます♪


ところで先週バタバタしててアップ出来なかったけど買いました!!怪物くん雑誌祭頑張ってます。最初はcinema★cinemaしか買わない予定だったけども…どちらも素敵すぎてお持ち帰り(笑)
その代わり映画naviとactualは我慢(><)
まだまだcutやFINEBOYSなどなど発売残ってますからねー(汗)
そーいえば今日怪物くんオフィショナルBOOKも発売です!!ワタクシはAmazonさんだから2、3日後到着予定になってるけどまだ支払いメールが届かない(・・?)大丈夫かな?
発売決定して直ぐ注文してるんだけどな?
ちょっぴり不安だー。

2011年9月28日 (水)

book+act 素描の行き先 大野智

本日ようやくbook+actをお迎えに行ってきましたhappy01paper

噂の智さんsign03
なんだろこの方はsweat01sweat01本当に不思議な人だーsign03
どう言葉で表現していいか分からないけど大野くんであって大野くんじゃない感じ(笑)
黒づくめのシンプルな衣装をまとって前髪が揃ってる大野くん…
本当に少年っぽいんだけどなんともいえない色気が漂ってるんだよねlovely
ちょっと中性的というかsweat01黒猫をイメージしての写真撮影だったみたいです。
いやいやしかし本当になんともいえない魅力heart04
あとね、裸足がいいっsign03
美しい手paperは勿論、私は智さんの足が大好きなものでsmileだからお顔アップのcamera写真も好きだけど台の上にしゃがんで乗ってる智さんcameraheart04heart04heart04お気に入りhappy02

とにかく表紙からドッキーンheart01とやられた+act。
中のインタビューもいいですねconfident
まだ途中までしか読めてないけど奈良さんのインタビューもあるし。
怪物くんの撮影の話から表現すること絵のこと、そして役者としての取り組み方とかがよく分かるインタビューかな。
やっぱ大野くんて人として凄いなぁって感心confident
本当に考え方とか尊敬です。
尊敬なんて言うとまた大野くんは嫌がるというか『えっ、普通でしょ』って言うだろうけどね。

book+actは毎回買って正解ですsign03
さあ、まだまだ続く怪物くん智の雑誌祭sign03表紙祭sign03
moneybagお財布事情は厳しいですがここはやっぱ買っちゃうんだろなsweat01sweat01

2011年4月27日 (水)

愛されるリーダー

昨日やっと届きました(^^)v
 
GQ JAPAN 6月号!!
TOKIOのリーダー城島くんと嵐のリーダー大野くんのリーダー対談!!
『愛されるリーダーの作り方』
 
リーダーになった経緯やタイプ的にも引っ張っていくタイプのリーダーではないとこなどどこか似てる2人。
確かにTOKIOの中でも嵐の中でも2人はメンバーからいじられながらも実は愛され尊敬されてる人。
まだ読めてないんですがどんな内容の対談かとても楽しみです(^O^)
 
さて、今日は徹子の部屋ですね!!
しかもその後若沖ミラクルワールド3日目(^-^)
なんだかスペシャルな1日です★

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ