ニュース

2016年5月17日 (火)

情熱の人

先日亡くなられた演出家の蜷川幸雄さん。
蜷川幸雄さん力尽く…

今朝は各WSで昨日の告別式の様子が流れましたが代表の5人の役者さんの弔辞に朝から涙が止まりませんでした。

蜷川幸雄さん告別式 俳優5人弔辞全文

特に愛弟子である最後の藤原竜也くん。
先日から蜷川さんの訃報に対する竜也くんの言葉を聞く度やはり胸に来るものがありましたが昨日のあの声を詰まらせながら蜷川さんへ語りかけたあの弔辞は涙無しでは聞くことが出来ませんでした。蜷川さんに対する愛と信頼そして二人の熱い、厚い絆…それを深く感じるものでした。

“僕を生んだ人”

その言葉どおり蜷川幸雄さんの舞台“身毒丸”のオーディションでグランプリを勝ち取りデビューした藤原竜也くん。私も竜也くんを知ったのはやはりその“身毒丸”のニュースやそれに密着した番組ででした。
“あの蜷川幸雄に見いだされた子”として一気に注目を集めた15歳の少年。そこから俳優“藤原竜也”は生まれた。
まさに、竜也くんにとって師であり父であり母であった蜷川さん。その存在を失ったことはどれだけ大きなことか。
だけど竜也くんはじめどの役者さんからも悲しみや悔しさ、感謝を感じると共に蜷川さんの情熱と意志は必ず受け継いで行くという強い決意を感じました。

数多くの若い俳優も育て上げ才能を開花させた蜷川さん。
さんざん叱られなじられ酷い罵声を浴びせられてもあれだけ沢山の俳優さんがもう一度蜷川さんと仕事がしたいと慕うのはそれだけ厳しさと同時に深い愛情を持った人だったからでしょうね。そしてあの厳しく過酷な稽古を乗り越えた先には新たにまた役者として一つ成長したという自信を得ることが出来たのではと感じます。
そんな風に役者の奥底に眠る本能を呼び起こし魂に熱い火を灯してきたのでしょうね。

“アイドルはね凄いんだよ。彼らは欲望の具現化をしているんだから”

そう言って蜷川さんはジャニーズはじめ多くのアイドルもどんどん起用してきました。
昨日の告別式にはその中の一人であるニノや潤くんの姿もありましたが潤くんはちょっと目が赤く潤んでいたように見えましたね。
私は残念ながら蜷川さんの舞台は鑑賞したことは無いので唯一観た蜷川作品と言えばニノの主演映画『青の炎』になりますが切なさと儚さを感じる心をぎゅっとさせる作品でした。今となっては遅いですがやはり一つでも蜷川さんの作った舞台を生で観ておきたかったですね。

誰よりも演劇の魅力に取り憑かれ演劇を愛し自分の全てを注ぎ込んだ情熱の人蜷川幸雄さん。
きっとその熱き炎は蜷川さんからその熱を受け取った多くの役者の方により灯され続けていくと思います。

蜷川幸雄さん、
改めて心からご冥福お祈り申し上げます。

2015年7月17日 (金)

快挙!!

第153回芥川賞をお笑い芸人ピースの又吉直樹さんの『火花』が受賞しました!


1437097740314.jpg

ピース又吉 芥川賞受賞の快挙

又吉さん凄い!!おめでとうございます!本当に素晴らしい快挙ですね。
ノミネートされた時からもしかしたらもしかするかもとは思ってましたが本当に凄い!!

ワタクシも『火花』は発売された時から読んでみたいと思いながらまだ読めてない作品です。
様々な番組で取り上げられていたのでだいたいのストーリーは知っていますが又吉さん自身が身を置く芸人という特殊な世界を舞台にその人間関係から描いた物語。それだけにきっとリアルな世界も広がっているように感じとても興味があります。


先月か先々月だったかNHKの『あさイチ』に又吉さんがゲスト出演したのを観てましたがその飄々としたキャラクターの中には熱い情熱も隠し持っているのを感じてなりません。
インターハイ出場のサッカー部に在籍中進路を心配する監督にウソをついてまで幼い頃から憧れていた芸人の道に進んだりとかなり信念も強い人でもあります。
太宰治が大好きで普段は着物を着用しその気分を味わったりと好きなことには真っ直ぐでとことん追求する印象があります。
実はそういう部分からもそして表現者としてもどことなく智くんと通じる部分を以前からワタクシは感じているんですよね。同じ80年組ですしね(笑)

元々読書が大好きなことで有名でもある又吉さんはとりわけ“純文学”の世界が好きなだけに今回の芥川賞受賞は本当に嬉しいことと思います。
三島賞ノミネートから今回の芥川賞受賞まで最近は作家としてずっと文学界を賑わせていますが『芸人の仕事の合間に書き続けてきたものなのでそのスタンスはこれからも変えずに行きたい』とのこと。
あくまでも芸人でありお笑いの仕事が100%というところがまたいいですね。そのお笑いの中で表現しきれないもののなかから小説のヒントが生まれているという又吉さん。
又吉さんは“文章を書く”ということでやはり自分の中のバランスをとっているのかも知れません。
きっと今回の受賞で次回作の期待は高まり作家としての仕事を望まれる声が多くなるとは思いますが芸人の活動を軸に自分らしさを貫いて自分のペースでこれからも素敵な作品を生みだして欲しいですね。
本当に又吉さんおめでとうございました。

もしかすると又吉さんが新たな扉を開いてくれたのでいつかnewsのシゲさんも直木賞あたりノミネートとかされたら嬉しいですね。

2015年2月16日 (月)

アイネクライネナハトムジーク

先月今年のbook本屋大賞のノミネート作品が発表になりました。

本屋大賞2015

最近はなかなか時間が取れず遠のいてますが元々小さい頃から読書も好きなワタクシ。
数年前から書店員ならではの選考作品がよいと話題のこのbook本屋大賞の作品には注目しています。
専門家よりちょっと一般人目線に近い感覚がいいのかもですね。

大賞は勿論、ノミネート作品は映画化やドラマ化も多いのでねチェックだけでも欠かせません。
実際に読んだのは『ゴールデンスランバー』や『告白』ぐらいですが映画の方は結構観ています。
因みに2011年の大賞は『謎解きはディナーの後で』2010年は『天地明察』。
過去のノミネート作品には『神様のカルテ』や『流星の絆』などジャニーズファンには馴染み深い作品もあります。

昨年の日本アカデミー賞でも沢山の賞を受賞した『舟を編む』も2012年の本屋大賞作品ですね。
『悪人』『のぼうの城』『八日目の蝉』『悪の教典』…etc.
映画化されたノミネート作品を挙げればきりがありませんが面白い作品がやはり多いです。

そんな本屋大賞。
今年はどの作品が大賞を獲得するのか気になるところですが個人的には伊坂幸太郎さんの『アイネクライネナハトムジーク』がノミネートされていて嬉しいです!


1423502611665.jpg

昨年出版されてからずっと欲しくて今年の年明けに購入。
元々伊坂幸太郎ファンということもありますがこの本は待ち望んでいた一冊だったのでハードカバーで購入です。

実は伊坂幸太郎ファン、また斉藤和義ファンの方はご存知でしょうがこの『アイネクライネナハトムジーク』という作品は斉藤和義ファンである伊坂幸太郎と斉藤和義のコラボから生まれた作品なのです。

この『アイネクライネナハトムジーク』は短編集。
収録作品の『アイネクライネ』は斉藤和義さんが伊坂さんに恋愛の曲の歌詞を依頼したことから生まれた作品。
作詞は出来ない代わりに短編小説ならと書いたのがこの『アイネクライネ』です。
そしてこの『アイネクライネ』を元にして作られた曲が斉藤和義さんの♪ベリーベリーストロング~アイネクライネ~なのです。
この曲がシングルカットされる際、初回限定盤の特典にはこの『アイネクライネ』とその続編的な作品『ライトヘビー』を収めた短編小説がつきました。

まだどっぷり斉藤和義ファンではなかったワタクシは当時はレンタルだったのでこの初回盤は購入しておらず後にファンになってから♪ベリーベリーストロングの素晴らしい世界観に惹かれこの作品を読みたくて初回盤を探したものの見つからずで…。
昨年この2作品からインスパイアされ書いた続編と一緒に出版されると聞いて大変喜びました。
まだ3作品しか読めていませんが斉藤和義ファンの間でも人気が高い♪ベリーベリーストロングの物語が更に深く心に染みてジーンとしました。

“出会い”が大きなテーマになっているこの作品。
人と人との不思議な繋がりは偶然であり必然的であるのかも…
何気ない出会いが運命だったり。
いろんな繋がりで人生は成り立っている。
読み終わった後ふっとそんなことを思いあったかい気持ちにもなります。
短編の物語同士がリンクしているとこにもその“繋がり”を感じさせる素晴らしい演出にも感心。

是非ワタクシ的には♪ベリーベリーストロングを聴いてからこの『アイネクライネナハトムジーク』を読んでその後また♪ベリーベリーストロングを聴いてこの日常に寄りそった小さな物語の世界観を堪能してみて欲しいと思います。


さて、その他の本屋大賞ノミネート作品では『サラバ』も気になりますね。
1日48時間くらい欲しいといつも思うワタクシです^^;
そういえば小説繋がりであのダニエル・キイスの有名作品『アルジャーノンに花束を』が来クール山下智久くんでドラマ化されるとか。
学生時代読んだこの作品。
なかなかファンも多いうえ難しい物語だけにどんなドラマになるか気になりますね。
実はこの役昔二ノちゃんで観たいなと思っていた作品の一つでした。
同じジャニーズの山下くんが演じることになるとは想像していませんでしたが是非山下くんにはプレッシャーもあると思いますが頑張って欲しいですね。

2014年12月15日 (月)

ZERO×選挙 my voiceに思うこと 

昨日は出勤前に投票に行き夜は結局ずっとZERO×選挙を観ていました。
昨夜のZEROは投票結果は勿論ですが考えさせられる内容が多い番組でした。

その中で特にワタクシが深刻に聞き入ったのは翔くんのmy voiceのコーナーでした。

先ず最初に取り上げられていたのは“人口減少”について。
『消滅可能性都市』の地図をあげ人口減少に伴う様々な職種での“人手不足”について討論されていました。
『消滅可能性都市』については実は以前発表があった時にその多さにショックを受けたのを覚えています。
そして該当する我が地域について幼なじみとその深刻さを語り合ったりもしました。
実際我が地域の世代別人口を見た時あまりの若い世代の少なさ、労働人口の少なさに唖然としこの先の自分達の老後や地域の未来に危機感を覚えます。
それについては討論で意見が出ていた地域格差に繋がるので後で語りたいと思いますが、やはり現在ワタクシにも降りかかっている“人手不足”の問題は大変大きな社会問題であると思っています。

●サービス業の現状
労働人口減少に伴う建設業界、運送業界、介護、飲食業などの“人手不足”があげられていましたがワタクシが身を置く販売業界もここ数年“人手不足”に悩まされています。
正確に言えば討論で乙武さんが仰っていた“人材不足”に当たるのでしょうが。

実は現在ワタクシの会社も人員不足によりギリギリの人数で4店舗を回しています。
シフトが回らない切羽詰まった状況に今年の春から仕方なく店休日も作りました。
それでも誰一人倒れることの出来ない状況です。
一年以上募集もあちこちに出し雇用条件を上げても未だに人材は増えていません。
このことはワタクシの会社だけに限らず同じ販売で働く仲間やショップも運営しているメーカーからも同じ話を聞きます。
地方だけでなく都会も飲食やコンビニに限らず夜が遅く、土日も仕事である販売も“人手不足”に悩まされているのです。
そしてサービス業は今や負のルーティーンに落ち入っています。
人員不足→労働条件悪化→更なる人員の減少→閉店→供給の減少
これは番組でも話されていた建設業やバスの運転手にも言えることです。

●需要と供給のアンバランス
でも実際職を求めている人はいないわけではなく今も溢れています。
ただその人達が求める労働条件の企業が少ないのです。
要は“雇用のミスマッチ”なのだと言われています。

討論でもその対策として
*労働条件の見直し
*子育てや介護世代の女性のバックアップ
を唱えておられました。
時短労働の雇用を増やすことそして安心してその方達が働ける環境や制度を整えることはワタクシも大変重要だと思います。

ここで地域格差についても話が出ていました。
同じ過疎化が進む地域でも積極的に地元企業の斡旋や子育て支援の環境に取り組む地域は少しずつ若い世代の人口が増加しているとのことでした。
確かに地元で就職したくても企業がない、雇用がないという声が多い現状です。
ワタクシの県でもここ数年前から毎日のようにUターン就職を促すCMが流れていて目に留まります。
地域での雇用サポートの取り組みが今後の
地方生き残りに影響することは間違いないことだと思います。

●選挙制度の改革
後半のmy voiceでは若い世代特に20代30代の投票率の低下について実際にその年代の方へのインタビューの声から意見が交わされていました。

投票に行かない若い世代の意見の大半は
『興味が無い』『期待していない』という意見。
選挙や投票の意味自体も分からないという声も聞かれました。
翔くんがインタビューしていた小泉進次郎氏も強く語っておられましたが“若い世代の政治への関心を上げる”そのことは今後の未来の為に一番大切なことかも知れませんね。
その関心を上げる為に進次郎氏のような年代の近い若い政治家の進出は必要なことだと言う意見にワタクシも同感でした。
若者の意見はどうせ反映されない…そのような意見に対しやはり有効に思います。
乙武さんの“世代別の代表を選んで投票”
という意見もなかなか公平な意見なのではとも感じました。


今回の選挙は結局自公圧勝に終わりましたが投票率は戦後過去最低。
この結果からも有権者の関心のなさを感じます。
参加し易い“ネット選挙の導入”など若い世代の政治への参加を上げる選挙制度の改革は勿論、上記に挙げた課題への早急な対応など政策を打ち出すだけに留まらず形にして行く有権者全体がもっと期待を持てるような行政を今度こそ気を引き締めて取り組んで欲しいと願います。
ワタクシも偉そうなことは言える立場ではありませんが一有権者として嘆くだけでなくもう少し政治に関心を持たなければと改めて感じたZEROでした。

何だか長くなりましたがとにかく翔くん忙しいスケジュールの中遅くまでお疲れ様でした。


さて、本当は他に書きたいことがたまってます^^;
なかなか忙しい時期なだけに厳しいですがゆっくりアップしていけたらと思います。


2011年3月11日 (金)

地震shock

大地震ですねsweat01sweat01sweat01

私の住んでるとこは全く被害ない離れた県なので大丈夫です。逆に仕事中で全く知らず夕方休憩の四時すぎに知り、あわてて関東の嵐友ちゃん達もろもろに連絡mail

とりあえずみんな無事でしたがかなり揺れたようでみんな不安がってますbearing
友達は安否確認とれたんですが親戚が未だ連絡とれずでsweat02sweat02sweat02
大丈夫だとは思うけど心配ですdespair

私も実は阪神大震災を経験してるから地震のあの恐怖感や余震の不安感はよく分かります。不安で不安でどうしていいか分からずとりあえず頻繁にお友達とtelephone電話してましたね。


津波の被害も多いみたいですし…
これ以上被害が大きくならなければいいのですが。

あっ、嵐さん達はみんな無事みたいですpaperお友達がフジテレビの方がツイッターでつぶやいてくれてたとさっき連絡くれました。
よかったconfident


とにかくまだまだ気を抜けない状態です。皆さんくれぐれも気をつけて下さい。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ