« 桜の季節に… | トップページ | その感性で… »

2017年4月 7日 (金)

『またいつか』を願って

2017・3・31
先月末をもって智くんがパーソナリティを務めるラジオ『Arashi Discovery』が終了しました。

2002年10月から始まって14年半。
ワタクシが聴き始めたのは2008年3月くらいからなのでそのうちの9年。
聴き始めた当時は我が家には有線がついていてそのチャンネルの一つにFM横浜があったので数年はそれで聴いていました。サービス業の為夜遅く朝も遅かったワタクシですが智くんのラジオを聴きたいが為に出来るだけ頑張って早起きしていたっけな。
強く記憶に残っているのは有線は下の部屋にあったので寝ぼけ眼でよく階段に座って聴いていたこと(笑)
また、早出で忙しい時は有線と古いラジカセ(笑)を接続し録音しておいて後から聴いたりもしてました。
先日そのカセットテープを探したら卓袱台の前で逆立ちしてひっくり返し怒られたエピソードや10周年の国立の話をしてましたね。
最初TVの時よりハイテンションな声色で話す智くんにちょっと意外だなとびっくりしたのも覚えてます。ラスト放送で青木Dが『ドラマ撮影中は気持ち的に大変そうだったと特に2008年魔王は激しいドラマだったから』の話から智くんが以上なテンションだったという話で納得。
確かにあの頃は特にハイテンションで喋ってたように思います。智くんも話してましたが無意識にそうなってたのかもですね。

有線を解約してからは以前から聞き逃した時などにお世話になっていたファンの方のレポにお世話になってました。ワタクシのような地方ファンには本当に有り難いレポ。特に最初お世話になっていたブロガーの方は本当に智くんの口調の文字起こし(表現)が上手くて、また一言感想が楽しくて大好きでしたね。その方はV6と嵐のファンの方でしたが嵐人気加熱と共にファンを卒業されレポも辞めてブログもお引っ越しされ凄く寂しかったのを覚えてます。それ以降は途中radikoプレミアムにお世話になったこともありますが2人の智ファンの方のレポやYouTubeにお世話になってました。
毎日一字一句丁寧に文字起こししレポして下さった全てのブロガーさんには改めて感謝です。
智くん自身一番気楽に出来る仕事だったと語っていたようにラジオは素に近い智くんを感じることが出来るうえ智くんのプライベートや嵐に関わるいろんな裏話を聞ける貴重な番組だっただけに本当に寂しく思います。
ラスト青木Dからのリクエスト♪Hit The Floorと共に“またいつか!”の言葉で締めくくった智くん。
その言葉を残した真意は分からないけれどとても嬉しく思います。

ちょうどその6日前、智くんの同期で心友である町田くんはバースデーイベントで自らの目標が心友との“またいつか”であることを町田くんらしいパフォーマンスでファンに伝えてくれたそうで感動していました。それだけに智くんがラジオで最後に残した“またいつか”はとても感慨深いものがあるんですよね。
“またいつか”は2人の合い言葉であることを
願いたいなと…。
町田くんのイベントはそれ自体も町田くんらしい優しさと思いがこもった素敵なイベントだったようで内容や感想をSNSで知り改めて町田くんの人柄に感動しました。そして更に町田くんを応援したいと強く思いました。
“またいつか”はずっと私の夢でもあるから…
町田くんのその人柄が繋ぐ縁できっと叶う!
なかなか地方の為東京中心の舞台は見に行けず
残念に思う日々でしたが今年はやっと見に行ける舞台も発表になり喜んでます。
今までは公演数短いうえに火曜休演がほとんどで…それをお友達に愚痴ってた矢先だったので“聞こえたかな(笑)”なんてお友達と喜びました(^-^)
追い風に少しでもなれたらいいな。


そして町田くんのもう一人の“またいつか”であろう光一くん主演舞台『Endless SHOCK』も同じく3/31日に無事千秋楽を迎えました。
同時に1500回公演を達成!!本当に素晴らしい偉業ですね!!
座長の光一くんはじめカンパニーの皆さん、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
光一くんの『(1500回達成)そこに甘んじてはいけないと思いますし今後もよろしくお願いしますという気持ちです』という言葉に相変わらず奢ることなくどこまでも高みを目指す光一くんにただただ感服しました。
大千秋楽のカテコはその1500回公演達成お祝いも兼ね約1時間半あったそうですね。
会場には東山紀之さんはじめ森公美子さんもお祝いに駆けつけたそうで。また、ミュージカル王子の井上芳雄くんや市村正親さんなどからはVTRでお祝いメッセージがあったそうでジャニーズという枠を越え一舞台人として光一くんが認められていることを嬉しく思います。

町田くんは今回は千秋楽の前日に佐野瑞樹くんと観劇に行ったようですね。
町田くんにとって『SHOCK』は舞台人としての在り方を多く学んだ場。そして光一くんはずっと尊敬する先輩。毎年観劇を欠かさないのは自分自身を奮い立たす為もあるのかなと想像します。いつか帝劇に自力で立つことも町田くんの中の一つの目標なのかなとも。
どんな形であれまた大好きな光ちゃんとも共演出来ることを心から願ってます。人一倍MAを気にかけてた光ちゃんだからきっと待ってるはず…。

終わりはまた新たな始まり…
その道はまだまだ続いているから。止まることなく歩み続ける大好きな人達と共にワタクシも
歩んで行きたいと思います。
『またいつか』を信じて…

« 桜の季節に… | トップページ | その感性で… »

KinKi」カテゴリの記事

大町&町田慎吾」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

マルコさんへ

さとラジロスで、まだ寂しさからぬけきれない私ですが・・・。
マルコさんもやっと、まっちーの舞台に行けるのですね!ヤッター!!その時はまたみんなで集まろう!

智くんの「またいつか」と町田くんの「またいつか」が2人の合言葉だったらいいなって思います。
また、光一くんとの「またいつか」も叶うといいなと思っています。
屋良っちがWebに町田くんの名前出してくれて、いい関係が続いているんだなって。
もしかしたら共演の夢は、まずは屋良っちが突破口になるかもって。そんなことを思っています。

サクラも満開の美しい季節。いろんな卒業を迎えてしまったけど、新しい何かを始めたい季節でもありますね!

真智子さんへ

やはり今まで当たり前のようにあったラジオが無いのは寂しいですね。レポを読んだり聴いたりしていた私でさえ何だか物足りない朝を感じているのでリアルに聴いていた真智子さん達は尚更だと思います。
でも終わりはまた始まりですもんね。新しい何かが始まる予感もします(^-^)始まりの春ですから…
“またいつか”の言葉を残してくれたようにヒョイと何かの形で。

そして今年の夏はやっと町田くんに会いに行けそうです!
“ヒデヨシ”の日程見てテンション上がりました!
是非チケット取れた時はまた皆さんにお会いしたいです。また連絡しますね~(^o^)
屋良っちの日記は嬉しかったですね。
町田くんの大きな夢の“またいつか”…全ての“またいつか”が叶うのを私達も夢見て応援して行きたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304930/70107226

この記事へのトラックバック一覧です: 『またいつか』を願って:

« 桜の季節に… | トップページ | その感性で… »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ