« アンバランスが作り出す安定の2人  SONGS スピンオフ | トップページ | 第40回日本アカデミー賞予想 »

2017年2月23日 (木)

フリスタ記念日 そして10年目へ

2008・2・21
大野智 初個展『FREESTYLE』初日

あの日から一昨日で丸9年。
一昨年7年ぶりに開催されたフリスタⅡもアーティスト大野智の世界観や成長を実感出来た素晴らしいもので大盛況でした。
その後一騒動あってからの昨年春の大阪での開催。
新しく描き足された美しくも悲しい自画像は今も強烈にこの心に瞼に残っています。
今改めて思うのは迷うことなく感じたまま思うままに描き続けて欲しい!ということ。
やはりアートは智くんの感情の一つ、表現方法の一つだから。
真っ直ぐな瞳で浸すら作品と対峙する智くんに堕ちたワタクシはただただそれを願っています。

一昨日でワタクシの嵐ファン歴も丸9年。10年目に突入しました。
変わらず好きでいられるって素敵で幸せなことですね。

さてそんなフリスタ記念日の21日に智くんの大好きな若冲に会いに行って来ました。

1487725158352.jpg

京都相国寺の中にある承天閣美術館。
こちら相国寺は臨済宗の禅寺。若冲は113世住職の大典から書画や禅などを学んでいたそうで若冲縁のお寺だそうです。
承天閣美術館はその相国寺の境内にあります。中は土足厳禁で靴を脱ぐ美術館でした。
若い方やご年配の方々まで観覧の年齢層も幅広い感じで着物のご婦人方が多くさすが京都と感心。

今回一番見たかったのは以前智くんがナビゲーターをつとめた若冲ミラクルワールドでも紹介されていた鹿苑寺の障壁画。
やはりどれも素晴らしく見応えがあり感動しました。特にワタクシは葡萄が好きでしたね。若冲の水墨画と言えば滲みを上手く取り入れた筋目描き。葡萄の房がその筋目描きで見事に描かれていました。
そして以前も別の若冲展で見た『群鶏屏風』。こちらは何度見ても鶏の構図が面白い!ずっと観察し続けた若冲だからこその画ですね。
今回本邦初公開の鸚鵡牡丹図も美しかったです!
雪がちらつく京都は寒かったですが観に行って良かったです。いい記念日になりました。
因みにせっかく京都に来たのでお土産を買いに河原町に出たら凄い行列が出来てるお店に出くわして何だろうと思ったらしやがれの京都スイーツデスマッチの時にニノが食べた抹茶ティラミスのお店でした^^;
たまたまでしたが場所覚えたので落ち着いた頃に買いに行ってみたいですね。
実はワタクシはやはりその京都スイーツデスマッチの時紹介されてたあんぽ一ねを買いたくて店を探してたどり着いたら移転?改装だったか??何かでカフェ併設のお店はあんぽ一ねの数量限定販売しか今はしておらず4時前に行った時は既に閉まってました。残念(>_<)


そして昨日は大阪でプチ嵐会!
横浜から別件で遊びに来たお友達と大阪在住のお友達と3人で梅田のばさら梅々庵で先ずはランチ。

1487825225433.jpg
お目当てはこちらの鯛茶漬け!!
昨年のワクワクでWESTくん達と食べてたお茶漬けですね。
鯛も美味しかったし何よりお出汁が本当に優しくいい風味で美味でした~!!

暫しお話してから場所を移動し今度はお茶しながら嵐話は勿論いろんな話で盛り上がりました。

1487898832155.jpg
本当はキルフェボンに行こうかと思ったのですがただでも人気のキルフェボンやはり凄く並んでいたので諦め別のタルトのカフェで。
女子はやはりお喋りと美味しいものが一番ですね~♪
いいご縁に恵まれ今回も楽しい時間を過ごせました(^-^)


« アンバランスが作り出す安定の2人  SONGS スピンオフ | トップページ | 第40回日本アカデミー賞予想 »

ワタクシゴト・嵐」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

マルコさんこんばんは~。

行ってきたんですね!若冲は感動だったでしょ(*^_^*)私も京都に行ったとき、彼のあまりの天才ぶりに言葉を失いました。
そして先日、NHKの再放送で若冲の生涯描いたドキュメンタリーを見てまたまた感動しました。若冲みたいに好きなことに人生を貫けたらどんなに幸せだろうと、嫉妬さえ覚えてしまった私です・・。

真智子さんへ

今回は鹿苑寺の障壁画が観れたことはとても嬉しかったです。智くんがナビゲータのミラクルワールドでの解説どおり一の間から考え抜かれた構図とその筆運びにただただ感嘆しかなり長い時間行ったり来たりして眺めてしまいました。
そして鶏!これは何度観ても素晴らしい!!
私も昨年様々な若冲特集番組を見ましたが生きとしけるものを描く為に全てを、生涯を捧げた若冲の静かなる情熱を素晴らしく思います。作品を観るとそれらに対する愛情が溢れていて改めて感動させられますね。本当にあそこまで好きなことに没頭出来たら悔いはないですよね。
次は鳳凰をいつか観れる機会があれば嬉しいなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304930/69676972

この記事へのトラックバック一覧です: フリスタ記念日 そして10年目へ:

« アンバランスが作り出す安定の2人  SONGS スピンオフ | トップページ | 第40回日本アカデミー賞予想 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ