« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月22日 (水)

タフな50歳!おめでとう せっちゃん!!

HAPPY BIRTHDAY! 50Anniversary!!
斉藤和義様!

いやいや、50歳ですか。
大台ですか。
その年齢を感じさせないくらい毎年の公演数は増え長い長い旅(ツアー)を続けるせっちゃん。

『歳をとることは進化すること』

まさにその言葉どおり衰えるどころか更にパワーアップし音楽の可能性を求め尽き進むせっちゃんは本当に素敵です!

今年も長旅が終わったばかりですが休むことなく次は数々のイベントLIVE、そしてフェスの出演が続々決定してますね。
その細い体でどれだけ働くの?
休むこと、止まることを知らないせっちゃん。
本当にライブが、音楽が大好きなんですね。

50代のせっちゃんはどんな新たな魅力で楽しませてくれるのかな。
これからも進化し続けるせっちゃんを応援しています!!

50代はまた、戦友とも是非沢山共演して欲しいな~。

2016年6月21日 (火)

♪あじさい

どんよりしたお天気が続きブルーになりがちなこの季節にあちこちで淡い色と可愛いらしい姿で癒やしてくれる“あじさい”。
1466402433120.jpg


先日友人とそのあじさいの名所に行ってから久しぶりにまさやんの♪あじさいが無性に聴きたくなり通勤のBGMに…。

すると私の中でお馴染みのその曲と共に先日最終回を迎えた智くんのドラマ『世界一難しい恋』のいさなみ夫婦・れいさんとみささんの姿が映像となって私の頭の中に広がりました。
歌詞とアコギの穏やかで優しいメロディーのせいなのかな…。
9話や最終回あたりの2人のシーンがまるでPVのように…いや、この♪あじさいがドラマのシーンの挿入歌のようにワタクシの中でぴったりハマってしまったんですね。

まさやんの初期のセルフプロデュースアルバム『ステレオ2』に収録されているこの♪あじさい。
この曲の中で描かれているのが夫婦なのか恋人なのかは分からないけれどどちらにせよ本当の幸せって何気ない日常の中にあって大切なのは些細なことで笑い合えること。
大切な人が側で笑ってるそれが一番の喜び。
たとえたまにぶつかり合ってもそう思い合える相手がいることが幸せなことなんだな…。

そんな風に感じこんな2人って素敵だなぁなんて思っていた曲の世界観とあの不器用だけど純粋ないさなみ夫婦がシンクロしたんですね。

まさやんの曲は元々その光景、風景がパーっと浮かんでくるのですがこれからはこの曲を聴く度いさなみ夫婦がワタクシは浮かぶと思います。
大好きな曲に更に新しい彩がつき何だか嬉しくなりました。

1466515108823.jpg


気になった方はどうぞ!

♪あじさい 歌詞

あじさいLIVEver. 山崎まさよし YouTube

2016年6月17日 (金)

おめでとう!!二ノ 33 Anniversary

HAPPY BIRTHDAY ニノ!!
33歳ですね。


1466129354206.jpg


昨年はドラマに映画にたっぷり“役者 二宮和也”で魅せてくれたニノ。
そんな活躍の、いや今まで頑張って来た集大成と言えるような日本アカデミー賞の授賞!!

あの授賞式で見せた涙。
笑顔。
そして語った言葉。
それは普段のニノからすると意外でとても印象的でした。

しかし改めてニノのスピーチ全文を思い起こすと

求められる世界にいる自分。
その中で生きている自分。
アイドルであることを…
ジャニーズであることを…

そして何より嵐の一員であることに誇りと愛を持っているニノを改めて感じるものでした。

きちんと自分の立ち位置や立場、自分のいる場所を理解し常に“今”を大切にしている二ノ。
そんな“今を生きる”二ノを素敵に思います。


これからも役者としてきっと求められると思いますが沢山の素晴らしい作品と出会って色んな表情で魅せて下さいね!

そして嵐としてアイドルとしてライブやTVでは小悪魔っぷり全開で私達ファンをこれからも翻弄してくれるのを楽しみにしてます!

この一年も二ノにとって輝かしい一年でありますように…

今年は急遽アイシングクッキーでお祝い。
今まで本当に簡単なやつは作ったことがあったけれど本格的にやろうと思ったら意外と固さ調整が難しいのですね^^;
結局余り凝ったのは出来ませんでしたがちょっと面白かったのでちゃんと今度は時間の余裕を持ってきちんと挑戦してみたいかな。


ついでに今年も殺センセーも作ってみました。

1466129355494.jpg

映画は結局観に行けずだったので早くDVDで観たいな~。
今年はどんな二ノに会えるかな。


2016年6月13日 (月)

復活!!そしてMUSIC DAY

先日発表になった日テレで放送の『THE MUSIC DAY 』。もう年末だけでなく夏もすっかりお馴染みの音楽の祭典になりましたね。

THE MUSIC DAY 夏のはじまり

今年のテーマは“夏のはじまり”。
新たな試みとしてアジア4つの国と地域で同時生放送もされるそうで、アジア圏に住む音楽ファン、それぞれのアーティストのファンにとっては嬉しいことですね。
また、今年も豪華ジャニーズメドレーもあることが先日のしやがれ後発表されました。今年はどんなコラボが見れるのか楽しみです!
長丁場の11時間。毎度ながら翔くん司会頑張って下さい!

しかし今回ワタクシ的に一番嬉しいのは先月の11日に15年ぶりに復活したロックバンド・THE YELLOW MONKEYの出演です!!
只今16年ぶりの全国アリ一ナツアー中のイエモン。その初日公演である東京・代々木第一体育館ではオープニングナンバーを15のメディアで生中継。
イエモンの特設サイトではそのツアー初日の1曲目を予想する企画「COUNTDOWN to 201605111900」も実施されました。
テレビ、ウェブ、ラジオ、全国6ヶ所の街頭ビジョンなど複数のメディアでの1曲目の生中継はその答えの発表の為でもあったのですね。
この企画には各著名人も沢山参加。このような企画が組まれたこと自体イエモンの復活がファンだけに留まらず各方面からの注目が高かったと言えますね。そしてそれは同時にイエモンが日本の音楽業界に歴史を残したロックバンドだったという証のよう感じ昔ファンだった一人として嬉しく思いました。

ワタクシは仕事だったので生中継は見れませんでしたがいつもどおり売上を本店事務所へ持って行った時ネット部門の同僚達が『一曲目は♪プライマルでしたよ~。』と中継を見ていたらしく教えてくれました。因みにワタクシはの予想は♪ALRIGHT。
♪プライマルはイエモンのラストシングルですね。
♪なるほどプライマルだったか~。“卒業”からのスタート。幕を引いたあの瞬間からまた止まっていたイエモンの時が刻まれ始めんだななんていろいろ思いを馳せながら帰宅。そしてその夜は友人とハマっていた時代を思い出しやっぱり久しぶりにライブに行ってみたかったかも…なんて少し後悔でした。ツアーが発表になった時一瞬大阪公演を迷ったんですけどね。
次の日やはり気になりチケット情報を調べたら大阪は平日に関わらず2日ともにSOLD OUT!でした。

なので今回復活後初のTV出演は本当に嬉しいお知らせです!
しかも20周年yearに突入したKinKi Kidsの今年第一弾シングルをイエモンの吉井和哉さんが手掛けたとの発表もあったばかり。出来ればKinKi とのコラボレーションも見たいですが発売前だし難しいかな~(>_<)

KinKi Kids新曲は吉井和哉、ジャケットは斉藤工


イエモンの格好いいロックでありながらどこか歌謡曲のノスタルジーさが入り混じった特有の音楽が好きだったワタクシ。
バンド自体が勿論好きでしたがメンバーでは特にロビンことVo.の吉井和哉さんのファンでした。独特な声や妖艶なパフォーマンスは勿論ですが一番は彼の歌詞に一番惹かれていたんですね。


1465800880120.jpg

吉井さん独特の視点と世界観。
言葉のチョイスや遊び方が絶妙でちょっと毒があってシニカル。そして刹那的。
どこか寂しさや孤独感が漂うところは歌詞の世界観やタイプは違えどまさやん(山崎まさよし)と共通するところでもあります。それはきっと2人の生い立ちや環境から滲み出る感情なのかもですが…。
そしてそういう部分に無意識に心を掴まれ共感するのはワタクシ自身の潜在意識の中にも同じような感情があるからかもですね。
う~ん、またじっくり大好きな人達の音楽を聴き直したくなりました。

とにかく今年の“MUSIC DAY”は嵐さんやジャニーズと共にイエモンのパフォーマンスに期待大です!

2016年6月10日 (金)

さっぱん

昨夜の夜会ゲストは俳優の佐藤浩市さんと小澤征悦さん。
素敵な大人男子のお二人を迎えてバラエティー番組らしい笑いがありながらも感動した回でした。

特に佐藤浩市さんの名言が数々飛び出した“お悩み相談企画”!!
さすが“理想の上司ランキング”毎回上位の浩市さんですよね。嫌だと言いながらもいざ相談が始まると真剣に考え真摯にアドバイスする姿が本当に素敵でした。その姿から浩市さんの人柄と同時に芸能人としての責任やプロ意識も感じましたね。

ポールダンサーにかけた言葉
『不安が全くなくやる新しいことは新しいことではない』
悩める駆け出し役者に言った
『(大切なのは)出会ったものに対して120%努力ができるか』
ワタクシ自身にもど~んと胸に響きました。

そして同じく二世タレントのますだおかだの娘さん岡田祐実ちゃんには
『親のことを言われるのが嫌なのは自分に自信がないから…。いろんな仕事をこなし自信がもてるようになったら自然に(親の名前を出されること)抵抗がなくなる。それまでとにかく一生懸命やるしかない!』
とアドバイス。
この言葉は浩市さん自身が実際に経験したことだけに特に重みがありましたね。
なんと言ってもお父様はあの三國連太郎さんですからね。その存在の大きさははかり知れなくなかなか払拭出来なかったと思います。
特に浩市さんと連太郎さんは長きに渡り確執もあった為尚更だったと聞いています。
この言葉を聞きながら日本アカデミー賞でのシーンを思い出しました。
浩市さんが最優秀主演男優賞を受賞した翌年の日本アカデミー賞でプレゼンターを務めた時のこと。
その年最優秀を受賞したのはお父様の三國連太郎さん。そのお父様の名前を読み上げその後トロフィーを授与しがっつり握手を交わした親子。あの時の浩市さんの表情は本当に印象的でした。感無量といった本当に感動的なシーンだったのを覚えています。
もしかするとあの瞬間からすーっと抵抗感がなくなりお父様の存在を本当の意味で認めることが出来たのかもですね。

とにかく全てにおいて浩市さんのアドバイスが素晴らしくまた格好良すぎて惚れてまうやろ~です!ワタクシもあのおでん屋台に相談に行きたくなりました。元々好きな役者さんですが更に昨夜で好きになりましたね。
そりゃ若手はじめ後輩俳優にも慕われて当然です!潤くんだって熱く浩市さんと語りたくなっちゃいますよ~。
浩市さんも口ではうざいとか面倒くさいと言いながら実際は面倒見がいいタイプでまたよく人を見ている方ですね。
この前のA-studioでも本田翼ちゃんや瑛太くんの話をしてましたがよく若手俳優の成長ぶりや内面を見てらっしゃるなって感じました。
浩市パパとは是非智くんもプライベートでも交流深めて欲しいですね。そして共演もまたお願いしたいですね。

そしてそんな浩市さんをやはり慕う役者の一人である小澤征悦さん。
こちらも素晴らしい芸能一家ですね。確か小沢健二さんも従兄でしたっけ?
あの“世界の小澤”を父に持つだけあり家庭環境が凄すぎて普通の方とはちょっと感覚も違い国際的?フランク過ぎる小澤さんに笑っちゃいました。

何より尊敬してやまない浩市さんのオリジナルソングを作って一緒に歌ってしまうんですから。楽しい人(笑)
『♪さっぱん』本当にいい曲でしたね。
テレビ初披露だという浩市さんの歌声がまた甘くて美声でした(//∇//)
確か小澤さんはアコギも少々やられてたはず。
是非参加しているライブでは小澤さんのギター演奏で浩市さんと歌って欲しいですね。


さて、そんなお二人が出演の映画『64』は今期絶対観ておきたい作品です。以前ここでもドラマ『64』の時に語りましたが映画もかなり重厚感溢れ見応えありそうなのでずっと楽しみにしていました。
ワタクシは前後編一気に観に行こうと只今計画中!
また、その際には感想を語りたいと思います。


2016年6月 8日 (水)

不機嫌な果実

本日発売ですね!
1465385780348.jpg
斉藤和義newシングル『マディウォーター』!!

ワタクシは密林さんの為まだ届いてませんが昨日からGyaOでは期間限定でMVが公開されているので今日もMV見ましたがこの曲聴いてると先月末のライブや先日のチャリティーライブの興奮が蘇りますね~(^o^)
やっぱりこの曲のギターリフ格好いい!
そして途中のベースソロがかなり好きです。


この新曲♪マディウォーターは現在朝日系列で放送中の金曜ナイトドラマ『不機嫌な果実』の主題歌。
ドラマの為にせっちゃんが書き下ろした楽曲だけに歌詞がドラマの内容とリンクしてますね。

『不機嫌な果実』は林真理子さんのヒット小説。

1465360728126.jpg

今年何かと世間を騒がしている所謂“不倫”のお話ですが、過去にも石田ゆり子さんや南果歩さん主演でドラマ化や映画化もされている作品です。
ワタクシは原作は読んだことはありませんが石田ゆり子さんのドラマは何となく記憶があります。多分がっつり見てはいませんでしたが^^;
今回のドラマはせっちゃんが主題歌を担当するというのと吾郎ちゃん(稲垣)の壊れた演技見たさに初回から見てますがいや~、本当に昼ドラ並みのかなりのドロ沼劇場ですね^^;
複雑に絡み合った関係とそれぞれの思惑や嫉妬が渦巻いてて怖すぎます(笑)でもついつい見始めると気になっちゃいますねこのてのドロドロは(笑)

しかし吾郎ちゃんは期待どおりですね~。
今回主人公の神経質な夫役で妻の不倫を知りどんどんその異常さが表れる役なのだけど見事な壊れぶりです。
ちょっとした目の演技(表情)や口の動きが妙に不気味なんですよね。
ツイでは“冬彦さん”の再来だ何ても言われてましたね。


栗山千明ちゃん演じる主人公の麻矢子は一見貞淑そうですが感情に流されやすく一番奔放のように思います。
どんどん制御しきれなくなって溺れていく麻矢子。
そんな主人公の気持ちをメダカとナマズで例え表現するせっちゃんに『さすがだなぁ』と唸るこの曲。 マディウォーター=泥水ってのもぴったりですね。
ドラマもラストに向け激しく展開中ですがやっぱり麻矢子は泥沼の中からは抜け出せないのかな…。


2016年6月 5日 (日)

届け熊本へ!!

本日昨年秋から始まった長い長いツアーのファイナルを迎えたせっちゃんこと斉藤和義さま。
長い旅が終わってしまいバンドメンバー全員名残惜しそうですがファンも何だか切ないですね。
今夜ツアーファイナルの防府公演が最高のステージで締められたようで本当に良かったです。67公演の長い旅本当にお疲れ様でした。今回のツアーは今までより更に楽しいライブでした。その感想はまた別で書きたいと思いますが最高の音楽とパフォーマンスをありがとう!チーム斉藤!

さて、そのツアーも終焉を迎えようという先日の移動日6/2には急遽『熊本チャリティーライブ』も大阪なんばhatchで開催されました。
先月の半ばに急遽決定したこのチャリティーライブは1公演の上にライブハウス、ツアーとは違う弾き語りライブということもありかなりの倍率となりました。
ワタクシも先行にことごとくハズレ、仕事で諦めていた一般発売も心優しいお友達が挑んでくれましたがこれまた直ぐに完売で撃沈。
すっかり諦めた数日後に大先輩ファンのせっちゃんフレンドからお声かけていただき有り難いことに急遽行くことが出来ましたが、せっちゃんらしいユルさ全開で本当にスペシャルな素晴らしいライブでした。

1465033337733.jpg

1465033339293.jpg
今回チャリティーグッズとしてマフラータオルも限定販売。
急遽決定したのにこれは嬉しかったな~。限定ということで売り切れのことを考え販売開始時間より結構早めに会場へ行きましたが既に長蛇の列でしたね。おかげ様でワタクシは無事ゲット出来ましたが見事に完売したそうで入手出来なかった人もいるみたいですね。
このマフラータオルの売上金もライブ収入と共にちゃんとした機関を通して熊本や大分に届けられるとのこと。
ライブ開始時にライブに集まってくれたお礼と『少しでもお役に立てば…』とせっちゃんが語ってました。

髪を結びツアーTの黒のロバver.に黒のパンツというツアーのアンコール同様ラフなスタイルで登場したせっちゃん。
イスに座りアコギをスタンバイし『じゃあ、やりますかね』と始まった一曲目はツアーと同じく♪あこがれ。
ツアーのver.とは違うアコギ一本でのver.がまた新鮮で格好いい!
しかし、何と今回急遽の為きちんと決めていたのはこの一曲のみらしくその後は一曲終わる毎に楽譜をパラパラ捲りながら『え~、う~ん、どうしよっかな~』と呟くせっちゃん。
会場からはそんなせっちゃんにあちこちから曲名を叫ぶ声が…
それに対し『あ、リクエストは受けつけませんよ』とせっちゃん(笑)
チューニングを毎回しながら始めるもたまに『あっ、違うな。カポいるんだった』とやり直したり(笑)
いつも以上にユル~い感じがせっちゃんらしくて楽しいライブでした。

懐かしの♪ハミングバードや♪かすみ草、せっちゃんのエロ一人芝居が最高だった♪彼女は言ったなど本当に一曲、一曲どれも良かったけれど今回特にバンドメンバーそれぞれと形態を変えてのセッションが本当に秀逸でした!!
(それぞれのセッションはセトリをどーぞ)
個人面談形式と言って一人、一人呼び込むせっちゃん。
待ってるバンドメンバーはいつ誰が呼ばれるのか緊張だったみたいですね(笑)
中でもワタクシが特に痺れたのはヒロくんことベースの山口広雄さんが鍵盤を弾き、せっちゃんがドラムを叩きながら歌った♪天使の猫。
『久しぶりなのでこれは歌詞下さい』とスタッフに楽譜を貰いながらもやはり久しぶりに叩くであろうドラムは即興で叩けるせっちゃんが何とも格好いい。せっちゃんのドラムは何度も見てるけどサラッと軽くこなす感じがとても好きなんですよね。
この♪天使の猫はヒロくんとスタジオでジャムっていた時出来た曲だそうでほぼヒロくんが作った曲だとか…そんな裏話も聞けました。
それからアコギでの♪マディウォーターも最高に格好良かった!エレキもいいけどワタクシはやっぱりアコギの音が好きなんですね。早弾きでかき鳴らされるアコギの渇いた音に聴きほれました。この曲のベースソロも好きですね~。
東北の震災の為のユーストライブ以来5年ぶり、ぶっつけ本番での演奏だという豊夢くんとの♪レノンの夢もも豊夢くんのドラムがかなり格好良くて痺れました。
ギターの真壁くんとの選曲が♪歌うたいなのは意外でしたがやはりこの曲は何度聴いてもやっぱりいいんですよね。真壁くんのギターがこれまたとても良くて胸にジーンと染みました。

そして、そんな真壁くんの前に同じく名前を呼ばれたのはなんと奥田民生さん。
“奥田民生~”との声に会場はザワつくもまだ少し疑っていたら本当に民生くん登場で会場は大歓声!
たまたまline中に翌日のライブの為大阪入りしてると知り『出てよ~』と出演交渉したそうです(^-^)
ノーギャラなのに心良く出てくれた民生くんにせっちゃんも感謝してました。
民生くんとは民生くんの曲から♪恋のかけらとせっちゃんの好きな♪息子を披露。これまたボーカルを譲り合いながらユルユルな2人のセッションが楽しかった(^o^)

また、『ちょっとカバーをやりたいかな。ここ大阪の友人の曲なんですけど』と披露したウルフルズのヒットナンバー♪それが答えだ!これも会場皆で盛り上がりましたね。
『この曲好きなんだよね~。これ聴いた時天才じゃないかなと思った』とライバルでもある友人を素直に誉めまくるせっちゃんの人柄がまた微笑ましくて好き。
演奏後も『俺もだけど彼も歌詞に気持ちが出ちゃうタイプですね』って笑ってました。


そして何といってもアンコールが最高に愛に溢れてました!
開演前にくまモンの姿を見たのでもしかするとライブにも登場するかなと思っていたらやはりアンコールの♪歩いて帰ろうで登場!!
『いろんな思いを込めてこの曲を皆で…』
とAllバンドメンバーとwithくまモン+会場全体で最高の盛り上がり。
途中はお決まりせっちゃんの煽りで会場皆で大合唱♪
短い手足で手拍子したりノリまくるくまモンが本当にキュートで。そんなくまモンに絡みたいけどどう絡もうか迷ってるギターの真壁くんがまた可愛いし。せっちゃんも絡みたそうだったけどくまモンもどうしていいか分からない感じに見えたのはワタクシだけかな?(笑)
最後せっちゃんに促され短い足で精一杯ジャンプするくまモン最高でしたね。
そしてくまモンと記念撮影するバンドメンバー!!(笑)
くまモンに『頑張ってね~』『頑張れくまモン!』『頑張って熊本!』と会場皆大声援を送りました。
そして最後はせっちゃん一人ステージに残り♪空に星が綺麗を弾き語り。
せっちゃんからの心からのyell。

♪口笛吹いて歩こう 肩落としてる友よ
 いろんなことがあるけど 空には星が綺麗

歌詞が染みてちょっぴりウルウルしてしまった。

自分の力で出来ることを、音楽で力づけられれば、支援出来ればとのせっちゃんの気持ち。
それに賛同し善意で参加してくれたバンドメンバーと民生くん。
とても素敵なチャリティーライブでした。
ファンも同じく熊本、大分の力になれればと一つになった時間でした。タオル完売はその証の一つにも思います。
頑張れ熊本!頑張れ大分!
1日も早い復興を願っています。

●セトリ(ツイを参照にしました)
♪あこがれ
♪ハミングバード
♪シンデレラ
♪攻めていこーぜ
♪さよならキャディラック(with Ba. 山口広雄)
♪彼女は言った
♪レノンの夢も(with Dr. 玉田豊夢)
♪アメリカ(with Key. 堀江博久)
♪天使の猫(with Key. 山口広雄)※せっちゃんはDr
※民生くん登場!
♪恋のかけら
♪息子    (2曲共にwith 奥田民生)
♪歌うたいのバラッド(with G 真壁陽平)
♪かすみ草
♪それが答えだ(byウルフルズカバー)
♪マディウォーター(with Ba. 山口広雄 Dr.玉田豊夢)
♪愛に来て(Allツアーバンドメンバー)
♪ずっと好きだった
(Dr.せっちゃん Ba.堀江博久 G.山口広雄&玉田豊夢 Key.真壁陽平)

★アンコール
♪歩いて帰ろう(Allバンドメンバーwith くまモン)
♪空に星が綺麗

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ