« H.B.D 34!! | トップページ | 復活LOVEと達郎&まりや夫妻 »

2016年2月 2日 (火)

ボクらの時代と猫~!!(追記訂正あり)

気がつけば2月です。
ここのところ本当にカメ更新になってしまって遊びに来て頂いてる皆様には大変申し訳ございません^^;
正直1月はプライベートも含め様々な出来事から気持ちが晴れず書きたいネタはあるもののこの場所にもなかなか向き合えずにいました。
でも、お天気が回復するのと同時に少しずついろんなことも前に進んでいると気持ちも晴れて来ました。月も変わったことですからね気分新たに語って行きたいなと思います!


さて、今日お休みだったワタクシは午後から溜まりに溜まっていた録画番組を消化しておりました。
その中の一つ『ボクらの時代』が大変面白かった!!
先日の回はかざぽんこと風間俊介くんとヤマシゲこと俳優の山崎樹範さん、イケテツこと池田鉄洋さんの3人。
所謂バイプレイヤーとして活躍する3人の同じ立ち位置だからこそ分かりあえる本音トークがとても興味深く楽しませて貰いました。
同じポジションだから作品では絶対に共演があり得ないという3人。今回は風間くんのオファーから対談が実現したみたいですが3人とも居心地がいい空気間だったらしく楽しそうにトークは大盛り上がり。山崎くんがぶっちゃけトークでひっぱり一番年長のイケテツさんが時々すっーと深いとこをついてくれるメリハリある素晴らしい対談でした。

脇役ならではのポリシーだったり、苦労時代の話だったり、コノヤロ~と思った話だったり脇役だからこそ見える俳優の世界だったり本当に面白い内容でした。
その中で特に興味深く聞いたのがイケテツさんからの『風間くんがジャニーズという世界の中でそのポジションを選んだのは妥協なのか失意なのか希望なのか…自分で選んだのか選ばざるを得なかったのか』という質問。
これは後半にも同じような内容をやはりイケテツさんが投げかけていましたがジャニーズという世界の中で俳優という異色なポジションに至ったのには『やはり選ばざるを得なかったのかな』と答える風間くん。でもそれは決して卑屈な選択ではなく自分の特徴を生かすことの選択だったと語っていました。チャンスを与えられたのが俳優業だったのだと。
それでもすんなりとは行かなかった俳優の道。
努力しても報われない日々に思い悩んだ時期を乗り越えての今なんですよね。
同じように苦労をしているからこそのイケテツさんの『よく耐えたね』の言葉が温かかったです。『天体観測』から一年後までバイトしていた山崎くんやイケテツさんが『医龍2』まで四畳半生活していたことにも驚きましたけど。
最後の『俺は高さじゃなく横幅で考えてる』という風間くんの言葉も格好良かった。
トーク中のいろんな言葉から風間くんの真面目で思慮深くポジティブな人柄がよく分かりました。相葉ちゃんと親友なのが本当に分かる気がしますね。

山崎くん曰わく悔しさをガソリンにして輝き続ける3人にこれからも注目していきたいと思ます。しかし何とも絶妙な3人のぶっちゃけトークに爆笑しながらも深いところが聞けた『ボクらの時代』ならではの対談でした。

そんな風間くんの主演映画『猫なんてよんでもこない』が先日公開!!
この映画は大人も泣けるという猫漫画が原作。風間くん演じる崖っぷちボクサーが世話を押し付けられた2匹の猫との暮らしを通して大切な何かを見つけるという物語。
この主演の2匹の猫ちゃんが何ともお茶目で愛くるしいんですよ~。

1454427208031.jpg

予告映像見ただけですけど一気にその可愛いさに虜になってしまいました。しかし、我が地域の映画館には来ずで残念です。観たかったなぁ。ワタクシも主人公同様にもともと犬派だったのですが高校時代に友人から子猫を貰い受け飼ったのをきっかけに猫の可愛いさにハマった人間です。因みにその時飼っていた猫はシャムの血が混ざったトラ猫ちゃんで名前はジャニーでした(笑)

そして猫と言えばKIRIN 一番絞りCM『しあわせ一番町』。
相変わらずKIRINさんは本当にいいお仕事してくれますね。グリーンラベル時代から嵐さんの良さを存分に引き出し素敵なCMを毎回作って下さるのでどのCMも大好きですが今回はまた物語を連想させる作品でとても引き込まれます。
また二ノってところが憎い(笑)ワタクシが大好きだったauの『はじまり編』とどこか通じるものがありあの二ノの表情も含めこのCMからは温かいながらもキュンと切なさを感じるんですよね。

そして癒やされるのはここでも猫~~~~!!!
二ノにモフモフされる白猫ちゃん!!
二ノの腕の中にいい子に佇む美しい白猫ちゃんにワタクシロックオンです(笑)

1454419226192.jpg

二ノのこの手でこの独特な撫で方?がまたまたツボでたまりませんね。
この白猫はもしや今や大スターのあなごさん?と思わず一時停止までしてしまいました。
以前ここでも書いたことがありますがワタクシの大好きなドラマ『猫侍』の主役猫のあなごかと一瞬思ってしまいました。白猫だと全てあなごに見えてしまう病ですみません(笑)
CMではちらっとしか映らないので分かりませんがちょっと違うかな…。

1454419228195.jpg

その後今度は智くんが抱いてるのにも萌えました。片手であやす智くん!!猫ちゃん気持ち良さそう~。
早くも続きのCMが見たいですね。

さあ、今日は嵐さんのアリ一ナツアーの詳細も出ましたがこれまた厳しい~。
枚数制限は想定内でしたがとうとう顔認証も導入。でも倍率的には下がるのかな?
仕事的に行けるか分からないけど申し込みだけはしてみようかなと思ってましたがこれは行けない場合は空席作ってしまうことになってしまいますね>_<
ちょっとよくよく考えて決めたいと思います。

※追記訂正…すみません、番組タイトルの表記間違ってました。『僕らの時代』と書いてましたが正しくは『ボクらの時代』でしたので訂正しましたm(_ _)m

« H.B.D 34!! | トップページ | 復活LOVEと達郎&まりや夫妻 »

ジャニーズ」カテゴリの記事

嵐・CM」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは マルコさん。

わたしも「ぼくらの時代」観てました^ ^
あまりの面白さに息子と二人で二回観ました^ ^
脇役ならではのトークに大笑いしたり、切なくなったり、共感したり…

風間くんは、綺羅星きらめくジャニーズの中にあって、デビュー組ではなく役者として、それも斗真くんとも違う、主にバイプレイヤーとして過ごしてくるのは…正直、しんどかっただろうと思います。
それでもこの道を諦めたくなかった、というのは、もう、その気持ちだけで、彼のこれからの役者人生が確固としたものになりそうな予感がします。
…ちょっと町田くんのことも思い浮かべました。

高さよりも幅…これには、納得ですね^ ^
その時々の旬のイケメンさんは次々と現れてくるけれど、旬を過ぎればかわいそうなほど輝きを失ってしまう人も多いですもんね。
今人気のあるエンケンさんも、松重さんも阿部サダヲさん等々も名バイプレイヤーとして実績を積んで、いぶし銀の輝きを放っています。
風間くん達お三方もきっとその系譜に連なるに違いありません。

それから、本音をあそこまで披露できるようになったこと自体が、彼らが確固たる地位をつかみつつある証かもしれませんね(^^;;

KIRINさんは相変わらずいい仕事してますね〜
嵐さんのほんわかとした空気感を上手に活かしてますよね。
そして、ますます彼らを好きになってしまうという…(^^;;
もう、DVDを作ってほしいくらいです。

美猫ちゃんがいっぱいですね~
どちらかといえば犬派のわたしですが、犬にはないしなやかさ、気品がいいですね^ ^

ニノといえば、先日やっと「青の炎」を観ました。
昔、原作を読んでいたので、なかなか観る気になれなかったのですが、友達が貸してくれたのでトライしました。
やっぱり、いいですね〜ニノは。
顔がいいわ♡ 今のような技巧はないけれど、なんとも言えない表情が本当に美しかったです。

バケラッタさんへ

先日の『ぼくらの時代』は風間くんも思わず“楽しい”と口にしてましたが3人が何より楽しそうでプライベートでの飲みトークを見てるみたいでした(笑)
確かに今笑ってあんな風に本音を語れるのは3人がそれなりの地位を確立してきたからかも知れませんね。
斗真くんにしてもそうですが一時期はJr.の前線にいて次期デビュー組として期待されながらも同期や後輩が次々と先にデビューしていくという環境は本当に苦悩の日々だったと思います。その中で一年、もう一年と諦めきれずに頑張ってきたという風間くんの言葉に胸を締め付けられました。
ちゃんと見てくれてた人がいて本当に良かった。町田くん同様風間くんもその人柄と努力で道を切り開いてきた人に感じます。きっと息の長い役者さんになるでしょうね(^-^)

そしてKIRIN さんは毎度ながらgood job!ですよね。KIRINさんに感謝状をお渡ししたいくらいです(笑)本当に嵐CM全集(DVD)を出して欲しいです!

『青の炎』まだ観られてなかったのですね。私は当時レンタルビデオで観ましたがニノの切ない狂気の表情にヤラレました。弱いんですよね~ニノの屈折した表情に(笑)また改めて私も観たくなりました。

そうそう猫といえば今度『猫侍』のスペシャルドラマもありますね~。そして良かったら風間くんの映画のホームページにある予告動画見てみて下さい!ツンデレな猫の魅力が満載ですよ(笑)

マルコさん、こんにちは!

もう1週間も前ですが(笑)、「ぼくらの時代」私も見てて、とても良かったですね^^

風間クン、高校受験の時に一度仕事をお休みして戻ったら、自分のポジションはずっと後ろになってた・・・という話は以前何かで聞いたことがありました。
J事務所にいて周りがどんどんアイドルとしてデビューしていく中で(1度はユニット組んだのかな?)、今なら笑ったり自虐っぽく言える事も、当時は悔しかったり辞めたかったり、複雑だったんだろうな・・・って思います、想像ですが。
今回ヤマシゲさん、イケテツさんとのトーク、ず~っと聞いていたいぐらいでしたね。
かなり本音がポロリとでてきて、朝の放送でいいの?なんて思ったりして(笑)

私も、「猫なんてよんでもこない」は隣市に行かないと観れないのですが、ネコ好きとしては何とかして観に行きたいです。しばらくはKIRINの嵐さんCMに癒されていようかな・・・。

マルコさんの飼っていたネコちゃんはジャニーって名前だったんですか(゚д゚)!
偶然にしてもなんだか凄い縁を感じますね^^


くぼっちさんへ

先週の『ボクらの時代』は本当に面白くてもっともっと聞いていたかったですよね。因みに来週も楽しそうですよ♪
風間くんの当時の話はもしかしたら少クラではないですかね?以前屋良くんと少クラに出演した時話していた気がします。当時の風間くんの心情を思うとやはり辛かっただろうなと思います。でもその耐えて足掻いてる時間に学んだことが今活きてるんでしょうね。

くぼっちさんも猫好きなんですね~(^o^)映画是非とも観に行って癒やされて下さい!
KIRINさんのCMは嵐さん同様白猫ちゃんも癒やしてくれますね。新しい“ビア・プレッサー編”でも楽しそうな嵐さん達の横で何気にくつろいでいたり自由きままに徘徊してる姿にまた癒やされてます。
因みに私は昨夜の『マツコ会議』の猫カフェ見て更に萌えてました(笑)本当はまた飼いたくて仕方ないのですが家を空けることも多い為ぐっと我慢中です^^;
ジャニーという名前は親がジュニーだったのと1月生まれだったことから私が付けたのですが当時からジャニーズも好きだったので少しそれも含まれています(笑)自分も人間と思い込んでる面白い猫でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304930/63592055

この記事へのトラックバック一覧です: ボクらの時代と猫~!!(追記訂正あり):

« H.B.D 34!! | トップページ | 復活LOVEと達郎&まりや夫妻 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ