« いよいよデビュー!! | トップページ | 今年も決定!! »

2015年6月27日 (土)

茶道と智くん

※注 ワクワク学校2015の内容に少し触れています。ネタバレが嫌な方はお気をつけ下さい。


先週のお休み、片づけの途中にふと思い出して戸棚の奥に眠っていたこちらを出してみました。

1434170898912.jpg

我が家の茶道具。
母が昔お茶を習っていたのでその時使っていたもので私も一緒に使っていたものです。
私は本格的に習っていた訳ではありませんが小学生1年の頃から母が通っていた教室によく着いていってはたまに薄茶を頂いて作法を教わってました。また、お正月などには母と着物を着て薄茶を家族でいただいたり時にはワタクシが振る舞ったりもしてました。

最近では全く点てることはなくなり何年も使ってませんでしたが今年のワクワクでは智くんが授業でお茶を点てたと聞きちょっと懐かしくなって出してみました。

因みに右上から
・建水(茶碗を清めたりする湯を捨てる器)
・茶碗
・茶杓(抹茶を入れるさじ)※真ん中の竹の棒
・茶入(抹茶を入れておくもの)※2つとも
・茶筅(抹茶を混ぜる道具)
これに後は茶巾(ふきん)で茶道具は一通り揃います。

ワタクシのお茶碗は小学生時代に買って貰ったのでちょっと可愛いお雛様柄。

1434170901097.jpg

母のは紅葉柄で飲み干すと中に白い花びらが見えます。

1434170902587.jpg

1434170904042.jpg

薄茶はやはり何といっても茶筅の使い方。
手首のスナップを使ってあまり泡立てるのではなく優しく混ぜるのが大切。力加減が少々難しいです。
きっと器用な智くんだからそれは上手なお点前だったのではと思います。
それにあの美しい手で薄茶を立てる姿には惚れ惚れしちゃうでしょうね~。
常々言ってますが智くんは和が本当によく似合う人ですしね。
実際大阪2日目の授業を受けた嵐友によると智くんがお茶を点てている間は会場全体シーンとして見入っていたそう。嵐友も翔担ですがモニターに映る智くんに釘付けになって見とれたそうです。


今回レポによると智くんはわざわざ京都の今日庵に習いに行きそのVTRが流れたとのこと。今日庵といえば裏千家ですかね。
しかし智くんはやはり何かと京都とは縁がありますね。そして京都がよく似合う男です(笑)
京都でお茶といえば観光立国ナビゲーターのお仕事で作成した日本の魅力を伝えるフィルム“Message from Japan”。その中でも智くんは草庵風の茶室で有名な高台寺の遺芳庵で薄茶をいただいてます。
高台寺は秀吉の正室、北の政所ねねが秀吉の弔いの為に建立したお寺ですね。

1433924818261.jpg
遺芳庵

1433924819600.jpg

因みにワタクシは3年前に智旅に京都に行き実際にこの遺芳庵を見てますがこの茶室かなり小さいです。実物見てそのこじんまりとした大きさにびっくりしました。
フィルムでは智くんは既に中に入り靴を揃える姿からなのでその小ささに気づきにくいですが智くんと同じ身長のワタクシが立つと藁葺き屋根の半分くらいまで行きました。


また、実は智くんは月刊嵐のコーナーでも翔くんと抹茶の点て方を習ってます。記憶の片隅にあったので過去の切り抜き探してみたら2008年でした。


1435393527365.jpg


1435393778790.jpg

右が智くん、左が翔くん。

この時も器用にこなす智くん。筋がとてもいいと言われてます。
翔くんは若干点て方の力加減が分からなかったようで再度先生と一緒に点ててましたね。
この時も『やっぱり器用だなぁ』と翔くんは感心してましたが今回のワクワクでもガン見してたらしいですね(笑)

そして今日からワクワク東京校が開校になりましたが本日は茶会の主客はニノだったそうで…まだ詳しいレポ読んでませんが楽しい大宮劇場が見れたのかもですね~。掛け軸のお言葉何だったのかな?
そういえば会場に飾らているお写真が智くんは千利休なのはやはりこの茶道からなのかもですね。

ワクワクレポ読んでいたらワタクシも久しぶりに薄茶を味わいたくなりました。
今度抹茶を買って来て久しぶりに点ててみようかな。


今年は“春夏秋冬”がテーマのワクワク。
どの先生の授業もまた本当に楽しそうです。いつも大切なことを楽しみながら教えてくれる素敵な授業のワクワクですから是非とも事務所さんDVD化お願いします~。


« いよいよデビュー!! | トップページ | 今年も決定!! »

ワタクシゴト・嵐」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

嵐・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!ここにコメントしたくてうずうずしてました。
私もお茶の道具は一式持っています。でも、茶道は習ったことがありません。
これって山陰ならではのことなのかしら?私も子供の頃からお薄はよく立ててもらっていました。お点前なんかにこだわらず、紅茶でも飲む感覚でいただいていました。お茶をたてるのはけっこう得意です。抹茶とお湯の量のバランスと、スナップを利かせたお茶の立て方は、経験が必要なんですよね。
実際、智くんの所作は素晴らしくキレイでした。お茶もさぞかし美味しいかと思いきや翔くんの表情で・・(笑)ダマが残っているということは立て方が足りなかったんですね。そこは逆に面白かったです!(*^_^*)

茶碗に柄杓でお湯を注ぐとき、どうしても手が震えてしまうのは緊張から。ちょっとここで笑いが起きることもありました。なのに、震わすのがお点前なんだ!って主張しているファンがいて。(笑)
やはり日本の文化は大切に伝承していくべきですね。私もまだレポの途中ですが、大野先生の授業は詳しくお伝えします。また、私のお茶碗もお見せしますね!

真智子さんへ

コメントありがとうございます!
わぁ~、真智子さんも茶道具お持ちなんですね。やはり山陰はお茶処だからですかね(笑)本当に生活の中で薄茶をいただくのは普通の感覚でした。
私もお茶をたてるのは好きで得意な方でした。本当にあれは経験を積み感覚を掴むのが一番ですね。

智くんのお点前少しだけWSで観れましたが美しかったですね。
しかし“震わすのがお点前”…そんな意見が出てるのですか(*_*)そんなバカな(笑)もうびっくりです。本当に伝統はしっかり伝えなければ…。

レポしっかり読ませてもらってます。いつも丁寧なレポありがとうございますね。
智くんの授業と真智子さんのお茶碗も楽しみに待ってます♪
今夜はV兄さんとのVSですね~!これまた楽しみです♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304930/60315380

この記事へのトラックバック一覧です: 茶道と智くん:

« いよいよデビュー!! | トップページ | 今年も決定!! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ