« HAPPY バレンタイン♪ | トップページ | CMの嵐さん »

2015年2月16日 (月)

アイネクライネナハトムジーク

先月今年のbook本屋大賞のノミネート作品が発表になりました。

本屋大賞2015

最近はなかなか時間が取れず遠のいてますが元々小さい頃から読書も好きなワタクシ。
数年前から書店員ならではの選考作品がよいと話題のこのbook本屋大賞の作品には注目しています。
専門家よりちょっと一般人目線に近い感覚がいいのかもですね。

大賞は勿論、ノミネート作品は映画化やドラマ化も多いのでねチェックだけでも欠かせません。
実際に読んだのは『ゴールデンスランバー』や『告白』ぐらいですが映画の方は結構観ています。
因みに2011年の大賞は『謎解きはディナーの後で』2010年は『天地明察』。
過去のノミネート作品には『神様のカルテ』や『流星の絆』などジャニーズファンには馴染み深い作品もあります。

昨年の日本アカデミー賞でも沢山の賞を受賞した『舟を編む』も2012年の本屋大賞作品ですね。
『悪人』『のぼうの城』『八日目の蝉』『悪の教典』…etc.
映画化されたノミネート作品を挙げればきりがありませんが面白い作品がやはり多いです。

そんな本屋大賞。
今年はどの作品が大賞を獲得するのか気になるところですが個人的には伊坂幸太郎さんの『アイネクライネナハトムジーク』がノミネートされていて嬉しいです!


1423502611665.jpg

昨年出版されてからずっと欲しくて今年の年明けに購入。
元々伊坂幸太郎ファンということもありますがこの本は待ち望んでいた一冊だったのでハードカバーで購入です。

実は伊坂幸太郎ファン、また斉藤和義ファンの方はご存知でしょうがこの『アイネクライネナハトムジーク』という作品は斉藤和義ファンである伊坂幸太郎と斉藤和義のコラボから生まれた作品なのです。

この『アイネクライネナハトムジーク』は短編集。
収録作品の『アイネクライネ』は斉藤和義さんが伊坂さんに恋愛の曲の歌詞を依頼したことから生まれた作品。
作詞は出来ない代わりに短編小説ならと書いたのがこの『アイネクライネ』です。
そしてこの『アイネクライネ』を元にして作られた曲が斉藤和義さんの♪ベリーベリーストロング~アイネクライネ~なのです。
この曲がシングルカットされる際、初回限定盤の特典にはこの『アイネクライネ』とその続編的な作品『ライトヘビー』を収めた短編小説がつきました。

まだどっぷり斉藤和義ファンではなかったワタクシは当時はレンタルだったのでこの初回盤は購入しておらず後にファンになってから♪ベリーベリーストロングの素晴らしい世界観に惹かれこの作品を読みたくて初回盤を探したものの見つからずで…。
昨年この2作品からインスパイアされ書いた続編と一緒に出版されると聞いて大変喜びました。
まだ3作品しか読めていませんが斉藤和義ファンの間でも人気が高い♪ベリーベリーストロングの物語が更に深く心に染みてジーンとしました。

“出会い”が大きなテーマになっているこの作品。
人と人との不思議な繋がりは偶然であり必然的であるのかも…
何気ない出会いが運命だったり。
いろんな繋がりで人生は成り立っている。
読み終わった後ふっとそんなことを思いあったかい気持ちにもなります。
短編の物語同士がリンクしているとこにもその“繋がり”を感じさせる素晴らしい演出にも感心。

是非ワタクシ的には♪ベリーベリーストロングを聴いてからこの『アイネクライネナハトムジーク』を読んでその後また♪ベリーベリーストロングを聴いてこの日常に寄りそった小さな物語の世界観を堪能してみて欲しいと思います。


さて、その他の本屋大賞ノミネート作品では『サラバ』も気になりますね。
1日48時間くらい欲しいといつも思うワタクシです^^;
そういえば小説繋がりであのダニエル・キイスの有名作品『アルジャーノンに花束を』が来クール山下智久くんでドラマ化されるとか。
学生時代読んだこの作品。
なかなかファンも多いうえ難しい物語だけにどんなドラマになるか気になりますね。
実はこの役昔二ノちゃんで観たいなと思っていた作品の一つでした。
同じジャニーズの山下くんが演じることになるとは想像していませんでしたが是非山下くんにはプレッシャーもあると思いますが頑張って欲しいですね。

« HAPPY バレンタイン♪ | トップページ | CMの嵐さん »

ニュース」カテゴリの記事

斉藤和義」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは マルコさん

私も本屋大賞は毎年注目しています。
ノミネート作品を含め、大抵、文庫本になってから購入、もしくは映画を観る、のどちらかをしています。

伊坂幸太郎さんの本は、私は「陽気なギャング…」と「重力ピエロ」、「オー!ファーザー」くらいしか読んでませんが、息子が大ファンです^ ^
斉藤和義さんとのコラボは面白そうだなぁ
機会があったら、ぜひ読みたいと思います。

相変わらず本を買い足しているので、読んでいるにも関わらず、本の山が一向に小さくなりません。
そうそう…「ジョーカー・ゲーム」も読みました!
面白かったですよ^ ^ 伊勢谷友介さんが、恐らくピッタリだと思います。続けて、シリーズを購入しようかと思っています。
あ~…これだから…(笑)

「サラバ」も気になっています。
SWITCHインタビューで林檎ちゃんと対談したり、ゴロウデラックスに出たりして、西加奈子さんという作家さん自身に興味を持ちました。関西弁が小気味良いユニークな人ですよね。

「アルジャーノンに花束を」がドラマ化されるのですか⁈
うわー…私もマルコさん同様、ニノちゃんに演じて欲しかった…(泣)
これはやり甲斐があるでしょうね…。
この物語は、どんどん覚醒されていく時の高揚感の素晴らしさと、その後のページをめくる度にあの文字が戻っていく時のなんとも言えない悲しみ、やり切れなさが忘れがたい作品です。
ああ…なんだかとっても残念です。

バケラッタさんへ

うわ~、嬉しい!息子さんは伊坂ファンなんですね。
私は10年くらい前に『アヒルと鴨のコインロッカーを』を読んだのがきっかけでした。
伊坂作品の中でも特に好きな作品でこれは映画も凄くよくて。
伊坂作品は絶妙な言葉選びと様々な伏線が繋がっていく面白さ、そしてじわりとくる感動…それに魅せられてます。
伊坂作品は映画化も多いので必ず映画の方も観ていますが個人的に中村義洋監督×伊坂作品のタッグが好きです。
因みにご存知かもですが中村監督は映画『怪物くん』の監督です( ´艸`)
『アイネクライネナハトムジーク』是非読んでみて下さい!

西さんのキャラクターいいですよね。
『サラバ』のカバーも自身のイラストなどの話を聞き私も西さん自身も気になってます。

『アルジャーノン…』やっぱり二ノちゃんのイメージですよね。
『アルジャーノン…』の物語は本当に後半が切なすぎて…家族とのシーンなど涙しながら読んだ作品です。
久しぶりにまた読みたくなりました。
因みにダニエル・キイスの『24人のビリーミリガン』的な多重人格者の役を智くんで観てみたいとも密かに思ってます( ´艸`)
しかも出来れば舞台がいいかなと。
それか一人で何役もこなす舞台か。
キャラづくりの上手い智くんだと面白いと思うんですよね。


「アヒルと鴨…」は、息子が大絶賛しておりました^ ^
ちなみに映画の方が気に入ったみたいですが。
そっか…「怪物くん」の監督さんなんですね。
「重力ピエロ」も彼は映画を先に観たせいか、映画の方がお気に入りのようです。
瑛太君や岡田将生君がお気に入りという事もあるかもしれませんが(笑)
ちなみに「重力ピエロ」の脚本は「鍵部屋」の相沢友子さんだったみたいですね。
はは…芋づる式です。

多重人格者…いいですねぇ^ ^
どれだけキャラを作れるのか、限界に挑んで欲しいです。
舞台で実現してもらえたら最高なんだけど。

それから、ドラマでもなんでもいいので、大宮の演技対決が見られないかな…
最近、本気の智に飢えてる私です(笑)

バケラッタさんへ

映画『アヒルと鴨…』は本当に素晴らしい出来で私も大好きな作品です。
因みに中村監督です(笑)
そして瑛太くんと岡田くんは私も好きですよ。
瑛太くんの演技に入った時の吹っ切れ方が好きで。
正統派からコミカルな役までこなせるいい役者さんになりましたよね。
岡田くんは映画初出演作が私の町のお話で撮影で来ていたので頑張って欲しくてずっと応援してます。
フフ、何だか息子さんともお話合いそう( ´艸`)
なるほど~『重力ピエロ』の脚本は鍵部屋の方ですか。

“本気智”そろそろ観たいですね~!!
大宮の演技対決も面白そうですね。
2人は違うタイプの役者だと思うので大宮ならではの面白い化学反応が起きそうです。
『魔王』では少ししか見れなかったですもんね。
とにかく今年の智くんのお仕事が気になる今日この頃ですね~。

いろいろな世代間の中でハッとさせられるような心に残る言葉が
いくつも出てきてよかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304930/58876137

この記事へのトラックバック一覧です: アイネクライネナハトムジーク:

» 「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎 [粋な提案]
ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが作り出す、数々のサプライズ。伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説! ミュージシャンの斉藤和義さんから「出会いをテーマにアルバムを作るから」と作詞依頼を 持ちかけられたことから...... [続きを読む]

« HAPPY バレンタイン♪ | トップページ | CMの嵐さん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ