« 20周年おめでとう… | トップページ | 急遽 »

2014年10月18日 (土)

曇りのち快晴

今日のshingo→を休憩中に読んだワタクシ胸が熱くなり涙しました。

きっと今日語ってくれるであろうと思っていたこと以上に町田くんは心の内を語ってくれていました。

あの人=大野さん

町田くんにとってどれだけかけがえない存在であるか改めて心に深く感じました。
そしてそれは智くんも同じだと思います。
本当にこの2人の間にはワタクシ達では計り知れない沢山の思い出と想いがあったのでしょうね…。

『いつかまた二人で踊ろう』
この言葉が本当に嬉しくて(T_T)
ずっと共演を望んではいますが今はこの言葉を交わしたと聞けただけで本当に満足です。

そして最後の言葉はまさに今当落で凹み曇った気持ちを抱えている嵐ファンへのエールのような言葉でした。

確かに辛いからこそ幸せを感じる喜びがあるのだと思います。
そして必ず曇りのち快晴!!

ありがとうまっちー!!
そして改めて20周年おめでとうございます!


実はちょうど先日久しぶりに懐かしい映像を見ていました。

2006~2007のジャニーズカウントダウンライブ

ちょうどKinKi Kidsの10周年とNEWSがグループとしての活動を再開した復活の年ですね。
そしてまだまっちーや屋良っち、そして秋山くんもいるMAも出演していて今では貴重となった智くんとまっちーが同じステージに立つシーンも見られます。

当時はまだアラシックではなかったワタクシは普通にKinKi の10周年メドレ-を楽しんで見ていましたが、そのメドレ-こそ嵐の智くんとまっちーが同じステージに立っている貴重な場面でした。

KinKi のヒット曲をKinKi の2人と共に各グループが一曲ずつ入れ替わりながら歌うこのメドレ-の2曲目。
♪僕の背中には羽があるに登場したのは嵐から相葉ちゃん、智くん、翔くん。
そしてその後ろにはMA。
智くんの斜め後ろで踊るまっちーの姿にちょっとせつなくはなるけれどファンとしては同じ画面に映る2人を嬉しく思います。

まっちーはこの時、この頃どんな気持ちでいたのかな?
デビュー組で頑張る友の姿にいつか自分もと刺激をもらっていたのかな?
智くんは昔の仲間と久しぶりに会えるこのライブがいつも嬉しかったのかな?

智くんとまっちーのシーンは勿論ですがこのカウントダウンを見ると毎回いろんなことを感じ考えます。

メンバーの不祥事でグループとしての活動を休止していたNEWS。
他グループが次々登場する中ソロとして山Pこと山下智久くん、テゴマスとして増田くんと手越くん。
そして関ジャニ∞として錦戸くんは紹介されました。
そしてライブも中盤にさしかかった頃司会のTOKIO城島くんから『可愛いあいつらが帰ってきた!』と力いっぱいファンのかけ声で『NEWS!』と呼びこまれ6人で登場。
その瞬間の歓声。
ファンの喜びいっぱいの顔。
メンバーの嬉しさと感極まった表情で精一杯ファンに応えながらヒット曲メドレ-を歌う姿に休止していた期間の不安やいろいろな気持ちを想像し胸にぐっとくるものがあります。

結局この数年後NEWSはまたファンに悲しい思いをさせる形になってしまいますが今4人で頑張るNEWSをこの頃から変わりなく応援し続けているファンもきっと沢山いると思います。


この時10周年を迎えたKinKi Kidsもこの頃まではチケットがなかなか取れなかったりしたともKinKi ファンの友達から聞いてます。
お互いのソロ活動も増え2人揃ってのKinKi Kidsの活動も減り寂しさから離れて行ったファンも多いとも。
けれどこうして2人仲良く迎えた10周年やはりファンで良かったと語ってました。

ゲスト出演の少年隊。
3人での活動こそ今は見ませんが解散という形をとらず活動を続ける道を切り開いた大先輩です。

先輩グループのバックにはまだJr.だったキスマイのメンバーの姿も見えます。
この頃はまだデビューを夢見て先輩のバックで自分達を精一杯アピールしています。


それぞれのグループにそれぞれのドラマがある。
そしてそれぞれを応援するファンにも。

ジャニーズという大きな世界は素敵な夢を見せてくれるのと同時にその裏には沢山の物語がありそのリアルがあるからより輝きは増し惹きつけられるのではと思います。

まだまだ、まだまだ奥は深い…
もっとジャニーズそのものを知りたくなります。


昨日、今日と我が地域は気持ちのよい秋晴れでした。
いつかゆっくりでいいからこの空のように今沈んでいる嵐友さん達の心も晴れたらいいなと思い運転してました。
明日は♪曇のち快晴を聴きながらまたそれを祈りたいと思います。


1413718985853.jpg


« 20周年おめでとう… | トップページ | 急遽 »

ジャニーズ」カテゴリの記事

大町&町田慎吾」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

今日は久しぶりの青空のもと、ボーイスカウトの芋ほりの手伝いに行ってました。
なので、shingo→を読んだのは、まさにマルコさんのコメントを読んだあと。
泣きそうになるのをこらえてそのまま晩御飯の支度をし、またまた夜の会議・・。
やっと帰ってきて、shingo→をピカンチグッズのハルのノートに書き写し、「トーキョーLIVE」は今日の回は見るのをやめて、ひたすら記事を書くことに専念してました。

カウコンの映像もなかなか感慨深いものでしたね。だからこそ、「いつか二人で踊ろう」という思いには驚きました。
デビュー組とジュニアの壁。どうしてこんなにも厚いのだろうと、不思議に思うことがあります。
ジャニーズ事務所の厳しさのようなものを感じては、本当に切なく思ってしまいます。
私は町田くんのファンとしてはド新規だけど、彼のことを伝えたくてブログを始めた部分もあります。あれから約2年が経って、町田くんの舞台に足を運んでくれる人も増えて、すごくうれしく思うと同時に、チケットが取れなくなるのを心配したり・・・。
矛盾してますね・・ほんとに。 でも、町田くんの日記はまさにタイムリー。すごい奇跡を感じています。

真智子さんへ

今日のshingo→には本当に感動しました。
『いつかふたりで踊ろう』まさかこんな言葉を二人が交わしていたなんて・・・こんなに嬉しい言葉はありませんね。
そして最後の言葉。本当に勇気づけられました。

私も真智子さん同様に新規の町田ファンですが確実にファンになった数年前より町田くんファンが増えたのをそれこそ真智子さんのブログで実感しています。
真智子さんの影響は大きいと思いますよ。
頑張っている町田くんだからこそもっと有名になって欲しい!!でも遠くなってしまうことに不安と寂しさを感じる。
この大きな矛盾の壁を越えてこそ本当のファンになれるのかも知れませんね。
古参の嵐ファンの方たちの気持ちが分かるきがします。

デビュー組との壁。厚いからこそデビューの重みや責任を若いうちから嫌でも自覚するのかもですね。その厳しさが素晴らしいエンターティナーを育てるジャニーズの世界というもののよう思います。

本当に!

マルコさんや真智子さんのおっしゃるように、このタイミングでの町田くんの言葉と想い…。

ファンへの愛ゆえの…♪。また大切な心友への友情以上の信愛への…♪

乗り越えてきた!彼らの未来を見つめて、信じて、応援していきたいですね。

海風さんへ

本当に素晴らしいほどのタイミングでの言葉に感謝しました。
町田くんの言葉はいつも心に響く言葉が多く、自分も頑張らなければと救われることが本当によくあります。

智くんにそしてファンに対しての感謝の想いと同時に改めての自分への決意。
町田くんの新たな一歩が10・16からまた始まった
のですよね。
いつか2人で踊る日を夢見て…
ますます2人を応援して行きたい!!そう強く感じたshingo→でした。

おはようございます マルコさん

町田君からのメッセージ読んで、不覚にも泣いてしまいました。

町田君にとっては、まだ道半ばでしょうが、辛さ、理不尽さを乗り越えてきた故の自信と
穏やかな心が感じられました。
やっぱり大町は似ていますね。そして心友なんですね。

そんな素敵な2人だからこそ、やっぱりいつかは同じ土俵に立ってほしい、と願わずにいられません。

バケラッタさんへ

町田くんは今までの様々な大きな壁を一つ一つ乗り越えながら着実にそれを力に変え進んでいる人だと思います。
だからこそどこか悟ったような全てを受け入れる大きさを持っている。智くんに似てますね。

2人が望んでいるのなら尚更共演を…本当に願わずにはいられません。
ふと、山Pこと山下智久くんのライブにやはりJr.時代からシンメを組んでいた斗真くんがゲスト出演しKinKi の曲を一緒に踊ったのを思い出しました。
本当にどんな形でもいいから実現して欲しいです。
とにかく昨日のshingo→は泣けました。

ファンの想いと二人の想いは同じなんだと感じることができ、町田くんの言葉が本当に嬉しくて・・・

「いつか」という表現に私も希望を持ち続けたいと思いました。

カウコンと言えば、今日Kinkiのツアー日程が出たことにより、今年の大みそかはどうなるのか・・・非常に気になるところです。

たまたま今日録画してたLIVE MONSTERのV6を観ていて、、V6のデビュー当時のちょっとしたエピソードが嵐と似ているところもあり(一発屋かと思ったと言ってました)
「学校へ行こう」を思い出す部分もあり、なんだか一人でジャニーズの奥深さを色々考えていたので、マルコさんの記事に「そうそう」とうなづいて読んでしまいました。

テレビに嵐さんが出ていない時でもこうやってジャニーズそのものにチカラをもらっているんだよな~としみじみ感じました。

りえさんへ

一番“いつか”の日を待ち望んでいるのは本人達なのでしょうね。
きっとその日はそこまで来ている…そう信じて待ち続けたいと思います。

KinKi は最近年末か年始にしかライブをしないんですよね(^^;)
実はKinKiも一度行ってみたくてそれこそ何年も前からKinKi ファンの友達と一緒に行きたいねと言いながら休みが合わずに友達は一人でいつも参加してます。
LIVE MONSTERは私も見たかったのに録り忘れました(>_<)
V6もバレーのサポートグループとして結成されたので確かに嵐さんと似た部分も多いですよね。
本当に嵐さんだけで無くジャニーズ自体に魅せられているので本当に日々楽しいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1304930/57713586

この記事へのトラックバック一覧です: 曇りのち快晴:

« 20周年おめでとう… | トップページ | 急遽 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ