2017年10月16日 (月)

祝!23周年!!

智くん、町田くん23周年おめでとう!

1508160737604.jpg
今年はイメージコラージュでお祝い。
ひたすら真っ直ぐに頑張ってる町田くんだからきっと智くんが待つステージの上にいつか登りつめるはず。智くんは町田くんの原動力。智くん、その手で引き上げてね。


2人が出会ってから23年。
偶然はかけがえのない出逢いとなって素晴らしい“心友”になった。
時に運命が翻弄するけれどそれでも変わらぬ絆。
離れていてもやはり2人の縁は繋がってるのだといろんな面から感じます。

今はまたお互い離れた場所で違うステージに立つ2人だけどきっといつか2人肩を並べ同じステージに立つ日が来ることを信じてます!

“いつか”…

2人の夢が叶う日を願って。
これからもずっと応援してるよ。


2017年10月 3日 (火)

盛り沢山だった夏休み

気がつけばあっという間に季節はすっかり秋ですね。
今年の夏はほんっとに仕事が忙しくやっと通常運転の生活に戻った今日この頃です。
おかげで時間、気力とも無くここもほぼ放置中でしたが今更ながら怒涛の合間をぬって鋭気を養ってきた楽しかった夏休みの記録を…


8/8(火)・9(水)と久しぶりに東京へ。
メインは町田くんの舞台観劇!!その上京がてら嵐友、マチ友さん達とアラシゴトやキンキゴトをたっぷり楽しんで来ました♪

今回はお初のJALパックを利用し東京へ。
やっぱ嵐ファンですからね~。機内では嵐さんの例のWi-Fi CMが流れたり機内誌にもイケメン嵐さんがいて出発早々にテンションは上がりまくりでした(^o^)
でも実は前日まで台風が横断中で当日まで飛行機飛ぶのかヒヤヒヤもんだったんですよね(^^;)
しかしそこは晴れ女の威力と嵐友グループの運のツキもあって心配していた大雨どころか逆にカンカン照りのいいお天気でした。


1506079960323.jpg
せっかくなので嵐さんお薦めのJAL機内無料Wi-Fiも利用。嵐友さん達にこの写真を送ったりしました。

そしてお昼前に東京・羽田空港に着いて先ずワタクシが向かったのはこちら。

1506079143837.jpg

1506079144915.jpg

1506079145878.jpg

羽田空港神社ですね。
Kinkiさんがブンブブーンで訪れていた小さな神社です。
ここで無事たどり着いたお礼と旅が楽しいものになるようお祈りをしてから暫しお土産売り場を散策。先に無事職場や友人達へのお土産もゲットし都内へ。
しかしさすが夏休み、しかもお盆前で駅は沢山の人でごった返していた為立ち食いそば屋でとりあえずお昼を済ませて嵐友さん達との待ち合わせ場所へ向かいました。

関東の嵐友さん達と久しぶりの再会を果たし向かった先は横浜 生麦駅!!

1506094674876.jpg

1506094676110.jpg
はい!KIRINのビール工場の見学ですね。
嵐友さんが事前に予約入れておいてくれました。夏休み中とあって親子で参加されてる方々も多かったですね。 

先ずはスクリーンのある小部屋でKIRINさんからのご愛顧と説明の映像を鑑賞。
CMキャラクターをつとめる嵐さんも登場しました!
9月の新一番搾りからはCMキャラクターも変わった為本当にいいタイミングの工場見学でしたね。


1506096414856.jpg

1506096415688.jpg

1506096416351.jpg

1506096614002.jpg

お姉さんの説明を聞きながらホップの味見をしたり麦汁の飲み比べをしたり一番搾りが出来る工程を学びました。
そして見学の最後は試飲!!
一番搾りの他KIRINのビールや飲料水が三杯まで飲むことが出来ました。プロが入れてくれるビールは最高に美味しかったです(≧∇≦)

1506097125959.jpg
※ワタクシ一杯目やはりノーマルの一番搾りで。

入れ方一つでビールの味わいが極上に変わることも教えていただいてほろ酔い気分で次はメインの舞台観劇へ。


1506097126781.jpg
※由緒ある紀伊國屋ホール。

舞台観劇については別で詳しい感想を書きますのでここでは割愛。
2年ぶりの町田くんの姿を見ていろんな思いと感動に包まれ1日は終了しました。


2日目はこれまた猛暑と言わんばかりの晴天の中ワタクシのわがままリクエストで嵐友さん2人にお付き合いいただいて今回の未満都市のロケ地巡りへ。
夢の国に少し後ろ髪ひかれながら降りたったのは千葉の新浦安駅。
暑い為今回は目的地の明海の丘公園へは駅前からの路線バスを利用。
しかし思った以上に沢山路線バスが出ていて分かりにくかったですが意外と距離的には近かったので歩いて行っても大丈夫です。私達は路線バスの案内所でどのバスがいいのか行き方を教えて貰いました。


降りたってすぐにユーリのお墓があった場所という電話ボックスを発見。

1506098189732.jpg

ヤマトとタケルが立っていた場所に実際に立ててることに興奮、そしてドラマのシーンが蘇り感動でした(;_;)


1506098591401.jpg
2人が歩きながら話してた道。

1506098592162.jpg
キイチが運転するバスが走ってた橋。

1506098593074.jpg
幕原公園!!

1506098594194.jpg
ヤマトが渡っていた横断歩道。

新浦安のこの辺りは本当にゆったりとしたいいところで未満都市の世界にはぴったりハマる場所でした。
ワタクシにとっては当時一番Kinkiさんにハマってた頃の思い出深いドラマ。
それがまさか20年後に復活しその復活ドラマのロケ地に自分が立つなんて…何だかとても不思議で感慨深い気持ちでした。


ロケ地巡りを終えた後は品川に戻り他の嵐友さんと合流しランチをしながらヲタ話に花を咲かせました。

1506849151885.jpg
ガパオライス ランチ

こちらも嵐友さんが事前にゆっくり出来るモンベルのカフェを調べて下さってました。
相変わらず話しても話しても話は尽きずあっという間にお別れの時間に…
名残惜しさは相変わらずでしたが逆にまた頑張ってご褒美に遊びに来よう!という気持ちが今回は強かった気がします。
仕事が忙しい分精神的にも疲れ気味だったのでこの東京旅で沢山のパワーを貰えました。
そのパワーのおかげで翌日からのイベントもいい結果が出せたしお友達や町田くんに感謝の旅でした。
今年のいい夏の思い出です。


2017年9月15日 (金)

おめでとう結成18年❗❗

嵐さん結成丸18年おめでとうございます!

変わらぬ5人でいてくれて本当にありがとう。
こうしてお祝い出来ることに感謝です。今年は特にそれを強く強く感じます。
グループを長くやって行くのは本当に並大抵のことではありませんね。ここ最近の周りの出来事に足並みを揃え歩んで行くことの難しさを感じる今年の記念日です。


ワタクシは今年は一昨日大阪で嵐友さんとお会いした際少し早くケーキでお祝いしました。

1505311842009.jpg

お昼はアラシちゃんやしやがれに出てたフロマージュ焼きも食べました~。

1505311842796.jpg
こちらハラペーニョソースをかけていただくのですがその酸味とチーズがよくあって美味でした(^o^)

1505477132178.jpg

今年のアルバムは久しぶりにユニット曲を収録の嵐さん。とても楽しみでなりません。
嵐友さんとも話してたのですがどういう組み合わせになるんでしょうね?
山好きのワタクシとしては智くんの歌とダンス&翔くんのRapという形の掛け合いっぽい曲聴きたいですね~。ちょっと大人で格好いい感じの。
後はにのあいも久しぶりに見たいかな。ピノダンス好きだったので。翔潤も末っ子もいいな…
結局どれも見たい。聴きたい!願望は尽きませんね(笑)
過去ツアーでは多く見られたユニット曲によるパフォーマンス!今年のツアーで新たなコンビやトリオを見れると思うと更に楽しみです♪
毎年毎年、ファンを飽きさせずワクワクを提供してくれる嵐さんが大好きです。
何とか今年も嵐さんに会えたらいいな。

これからも5人で新たな嵐を巻き起こし突き進んでいく嵐さんずっとずっと応援してます!!


2017年8月30日 (水)

HAPPY BIRTHDAY 潤くん! 34 anniversary

潤くん34回目のお誕生日おめでとう!


1504049448388.jpg
(※今年は手作りブルーベリーム一スでお祝い)

昨日1日早く潤担の嵐友とハピコンを鑑賞しながらお祝いしたワタクシ。
ハピコンの記憶が既に薄れかけていましたが改めて観てまさにツアータイトルどおりHAPPYでただただ楽しい空間だったなと感じました。
一方アリーナツアーは狭い会場の特色をいかした演出や見せ方に感心しました。ジャポコンの内容をアリーナならではの見せ方で美しく表現していてジャポコンとの違いを楽しみました。
そして、ドキュメント…
やはり潤くんは真面目ですね。ステージづくり、ものづくりに対する熱意と努力に感心すると同時に感謝でした。
その真面目さはJr.の頃からずっと変わらない潤くんの芯の部分なのだろうといつも感じます。
Jr.時代レッスン開始前から既に踊る体勢を作って待っていたという二ノのエピソードをいつも思い出すんですよね。
その真面目さから一時は情熱のまま一人突っ走っていた頃もありましたが今は周りと連携をとり誰よりも周囲への気遣いが出来る人だと思います。
ステージづくりにより広い視野を持てるようになったりとライブを手がけることも潤くんを大きく大人に成長させたのではと感じます。

また、もうすぐ久しぶりにスクリーンにも帰ってくる潤くん。
『東京タワー』『僕は妹に恋をする』『ひだまりの彼女』と思い返せば潤くんは個人の映画出演は恋愛の作品ばかり。
嵐メンの間でも“ラブは松潤”的な感じが強いのは美しく整った華やかな顔立ちとキザな言葉も似合うイケメンキャラのイメージが大きいのでしょうね。
そしてその期待を裏切らず本当にLOVEが似合う人。求められること、それに応え続けることは凄いことだと思います。

そんな華やかな潤くんを封印し抑えた演技を求められたという今回の『ナラタージュ』…潤くんらしくない新しい潤くんをとても楽しみにしています。
行定勲監督はそれこそセカチューブームを巻き起こした“世界の中心で愛を叫ぶ”がワタクシ大好きで映画館は勿論DVDも買い何度となく観ました。その他も何作品か観て来ましたが人間の繊細な感情のきびを映し出すのが上手い監督と感じています。そんな行定監督と潤くんの化学反応により切なく美しい世界がスクリーンいっぱいに広がることを期待してなりません。

これから怒涛の番宣と同時にライブの構成もまた考えたりと忙しい日々になると思いますが体だけはくれぐれも気をつけて…
潤くんが新たにどんな世界を見せてくれるのか楽しみにしています。

2017年7月21日 (金)

ずっと2人で… KinKi Kids 20th anniversary!!

KinKiKids デビュー20周年おめでとうございます!!

1500553733607.jpg
(※2人のイメージカラーで作ったキャンドルでお祝い)

堂本剛・堂本光一
ドラマ『人間失格』で私が2人の少年に出会ったのが約23年前。
その一年後に光ちゃんに恋をしKinKiKidsに恋をした5年間。
それから少し離れたところでずっと見つめて来た2人。
そしてふと改めて気づくとアイドルとして、アーティストとして何より人として本当に素敵に魅力的に成長している2人に再びどんどん心掴まれ3年…
今日こうして節目の記念日をお祝い出来ることを嬉しく思います。

今年の20周年は記念yearの為に本当に沢山のメディア出演に沢山のSP企画が用意され改めてKinKi Kidsが周囲から愛されていることを実感しました。
ファンとしては嬉しい悲鳴でしたがやはり本人達のスケジュールは相当なものだったのではと想像します。そんな記念yearの真っ最中に起きた剛くんの病気。
繊細な剛くんだからきっと人一倍気づかない間にストレスを溜めてしまったのでしょうね。
でもこの予想外のアクシデントは改めてKinKiKidsの、また2人の魅力と絆の素晴らしさを目の当たりにする出来事にもなりました。

急遽光ちゃん1人で出演した数々の番組。
突発性難聴が完治せず剛くん中継での出演という異例の形で開催されたparty!
そして剛くん復帰後2人揃っての昨夜の生ラジオから今朝の番宣。

全てにおいてとにかく光ちゃんが優しく強い愛情で剛くんを守っていて、また、このアクシデントを剛くんのことでなく“KinKiKids”2人のこととして受け止めてることに感動の涙しかありませんでした。
いつも様々なインタビューではお互いクールな関係を主張している2人だけれど実は私たち周りが計り知れないほど大きな愛で、心の奥深いところで思い合い繋がってるということが本当によく見えました。
特に普段その色を強めてる光ちゃんがこんなにも素直なのを見たのはそれこそ20年前以来ではと…
そんな光ちゃんの愛と思いに深く感謝し光ちゃんの負担を気にかけ何ども申し訳ないと謝ろうとする剛くん。またファンや周りに出来るだけ心配をかけまいと明るく振る舞う姿にも剛くんの優しさを感じました。
そんな2人の強い絆が見れたことがファンとしてとても嬉しかったです。
でも光ちゃんもチラリと語ってましたが誰よりftr自身がお互いの存在の必要性、KinKiKidsの“S”の意味を改めて実感した今回の記念yearだったのでしょうね。

そしてそんなKinKi のピンチを事務所の仲間はじめ沢山の共演者、スタッフが支え今回の記念日を無事迎えれたことに感謝です。
それは常日頃から先輩は勿論後輩に対してもまた周囲に対して感謝を忘れない2人の人間性の賜物でしょうね。
今回も力を貸して下さった方々へ素直な感謝を述べている2人にやっぱりKinKi って素敵だなと心から思いました。

20年前壊れそうな硝子の危うい輝きを放っていた少年2人は時を経て中身は強くて固くそして美しいまるでダイヤモンドとなって光輝いている…
何だかそんな風に思います。
2人に出会えて良かった。

ありがとう光ちゃん、剛くん。
ありがとうKinKi Kids!!
ftrが大好きです!!

これからもずっと2人で…
2人にしか作れない、2人だからこその世界を見せてくださいね。

KinKiKids For ever…

本当に20周年おめでとう!
1日も早く剛くんの耳が完治すること祈ってます。


2017年6月26日 (月)

胸熱な『未満都市』復活!!

いよいよKinKi さん20周年の7月が近づいてきて毎日ソワソワなワタクシです。 
そして次々に発表される怒涛のニュースにもう脳内はカオス状態^^; 
いや~、各局上げて凄い記念番組ラッシュですが昨日もその中の一つである『未満都市2017
』情報で嬉しい発表がありました!

Yahoo!ニュース 未満都市SPで元Jr.小原裕貴さん出演

まさかの“キイチ”出演!
昨日は朝からこのニュースに驚きと嬉しさで飛び上がりました!!
いくら円満引退と言えども芸能界から退いた小原裕貴くんがドラマ出演してくれるなんて全く予想はしていませんでしたよ~。もうキイチは無理なことだと諦めてましたね。
一般の会社員でありながらKinKi さんの為ならと20年後の約束を果たしに出演オファーを受けてくれた小原くんに本当に感謝です。そしてその気持ちが凄く嬉しくてたまりませんね。
しかしこれは小原くんのその功績があってこその実現でもあります。
Jr.時代、黄金期ジャニーズで絶大なる人気を誇りながらもそのピークで惜しまれながらジャニーズを辞めた小原くん。後にも先にも“卒業”という形でファンとのお別れの機会を与えられたのは小原くんだけ。本当に異例のことであり伝説のJr.でした。
そういう小原くんだから、そういう辞め方だったから今回の復活もあり得たのかなとも…。
とにかくほぼあのカケラを分け合い20年後を約束したメンバーが揃うことが嬉しくてたまりません。

20年後の再会はどんな風何だろう…
みんな破片大事に持ってるのかな…
ヤマトは、タケルは、あれから何を思って過ごしどんな大人になってるだろう…

未満都市の世界に既に心を持っていかれているワタクシです(笑)

しかしこれだけ盛大に20周年に力を注いで下さって本当に周りには感謝ですね。それだけKinKi Kidsが愛されてる証と嬉しく思います。

日テレ 未満都市 公式


助け合い、思いやり、正義に立ち向かう勇気を見せてくれた彼らが当時立ち向かっていた大人になり今度は何を教えてくれるのかそれが見届けられるのが本当に楽しみです。

2017年6月17日 (土)

おめでとう二ノ!! 34 Anniversary

HAPPY BIRTHDAY ニノ!!

1497721242792.jpg

ニノちゃん34回目のお誕生日おめでとうございます! 

※今年はレモンムースでお祝い。
因みに下はレモンヨーグルトムースで上はレモンゼリーの二層になってます。ミントがなかったからクロバーで代用(笑)
ちょっと映画の洋食のシェフのイメージに合わせ今年はシャレオツにしました(笑)


ここ最近仕事に対する思いをストレートに語っていることが多いよう感じる二ノ。
ここでも毎年その嵐に対する二ノの深い嵐愛を語ってきましたが今までとはまた違った角度、仕事観に対する発言にニノの嵐として生きる意味を感じてなりません。


オレはアイドルになったから、やっと人間になれた気がする(笑)。

オレは、アイドル業に、嵐という存在に、ずっと感謝してる。
感謝しかない。

だから、これからもそこに奉仕したいなと思ってる。

それが今の自分にとっての、率直な仕事観。
一途 “不変”より



仕事に限らず、何ごともそうだけど、“続けよう”とは思わないかな。

人間関係もそう。

(中略)

続けようと思わずとも続くものは続くし、結果的に長く続いているものには価値がある、っていうのがオレの考え方
同じく一途“続けるとは”より


ニノは嵐だから、この4人とだからずっと一緒にやってこれたんだなと改めて感じた言葉。
いい距離を保てる仲…
そして少し前の『ニノさん』での言葉を借りるならまさに一緒に死ねる仲間なのかなと…

そういう思いや考えを読みとったり知ろうとされること自体嫌がる二ノだけどきっと多感な少年時代にこの世界に入りいろんな感情が渦巻く中でアイドルとして生きていくことの覚悟と意味を見い出したのかなと。
ある意味不自由な職業ではあるけれど二ノはアイドルとして生きることは自分に合っていると感じてるんでしょうね。だから二ノに“アイドル”への誇りを強く感じるのかな…
でもそこには他4人の存在があってこそなのだろうな。
とにかく嵐として生き続けてくれてありがとう。

今年はそんな大好きなメンバーと沢山のファンと一緒に過ごせますね。
ワクワク素敵なBIRTHDAYでありますように…
そしてこれからもアイドルとして沢山の人を魅了してね。


2017年5月21日 (日)

KinKi Kidsと拓郎さん

先月から出張続きで忙しくここも放置中になってましたがその間に嵐さんは勿論KinKi さんから沢山嬉しいお知らせが…
KinKi さんの20周年がいよいよ騒がしくなって来てドキドキワクワクが止まりません!!

★7/15・7/16
KinKi Kids Party!ありがとう20周年 
横浜スタジアム

★ MTV Unplugged 出演
MTV公式

★ぼくらの勇気 未満都市SP 今夏放送
ぼくらの勇気 未満都市SP 公式

★7/21
LOVE LOVE あいしてるSP 放送

フジテレビ公式 LOVE LOVEあいしてる復活SP 

怒涛のニュース、しかもまさかの嬉しいドラマや番組復活にもうファンはここのところ嬉しい悲鳴の連続です。
特に私は大好きだった未満都市そしてLOVE LOVEあいしてるの復活には心踊りました。
昨年末ベストアーティストで未満都市のあの約束のシーンを流したのはもしやこの復活SPのメッセージだったのかな?
会場も幕張だったので憎い演出にあの時も興奮しましたがまさか20年後の約束が描かれることになるとは…本当に本当に嬉しいです!
内容的に当時は少し物議をよんだりしましたが今こそ是非放送して欲しいドラマでもあります。この復活に伴い是非とも再放送をお願いしたいですね。

そして16年ぶりの復活が発表になった『LOVE LOVEあいしてる』のSP。
このLOVE×2 も本当によく出来ていた音楽バラエティーでワタクシは大好きでした。
当時KinKi と共にレギュラー司会者だった吉田拓郎さんも出演されることがまた何より嬉しくてなりません!
久しぶりのメディア出演を受けて下さったのはきっとこのLOVE ×2だからであり親友と呼んで下さるKinKi の2人の記念yearだからですよね。
そして『堂本兄弟』ではなくこの『LOVE LOVE あいしてる』が復活というところが嬉しいですね。このLOVE×2はKinKi の音楽性と2人の才能を高めた大切な番組。この番組を経験したことはKinKi にとってとても大きく拓郎さんはじめ様々なプロミュージシャンとの共演や交流が今のKinKi Kidsを形成していると言っても過言は無いと思います。
それゆけギターキッズのコーナーでギターに挑戦しそこから楽曲作成に至るなど2人の音楽性が高いのは感受性の強い10代からプロのミュージシャンの胸を借りて音楽のいろはを学んだからだと強く思います。

また、吉田拓郎さんとの出会いは拓郎さん自身も奇跡と語られるように2人にとっても拓郎さんにとっても素晴らしい出会いとなり素敵な科学反応を起こしました。現代の少年に偏見と嫌悪感を持っていた拓郎さんの心を溶かしていった2人の誠実さと純粋さ。
LOVE×2で築かれた拓郎さんとKinKi の関係は本当に素敵で世代を超えた強い絆に胸をジーンとさせられます。

今回の復活にあたり拓郎さんもまた同じような内容をブログに書かれてましたが過去に語ったLOVE×2のこと、KinKi のことです。


LOVE LOVE開始の裏話とKinKi について

坂崎幸之助×吉田拓郎 LOVE LOVEが始まるいきさつ

坂崎幸之助×吉田拓郎 KinKi Kidsについて

そして今回の復活にあたり書かれた拓郎さんのブログ
拓郎さんのブログ LOVE2あいしてる


この他にも幾度となく拓郎さんはKinKi についてあちらこちらで語って下さってるんですよね。

1495340407626.jpg
KinKi が司会を務めた2015年のNHK『いのちのうた』での拓郎さんからのメッセージ

『光一と剛は、本質的には多分「合わない」二人なのだと思う。
しかし二人は「お互いがお互いのファン」である事、「自分が出しそびれている才能」を気づいている友人である事を良く理解している。
だから頑張りがきく。
 アーティストは何もかもを一緒に共有しなくともいい。KinKi Kidsらしさは、そう云うところにもあるように感じるのだ。』

 
拓郎さんの雑誌のコラム『彼等が教えてくれたこと』より

あの拓郎さんにここまでベタ褒めしてもらえることは本当に嬉しいですよね。これは2人の人柄が繋いだ財産。
KinKi の2人も番組が終了してからも拓郎さんのライブには必ず足を運んだりと交流を続けきちんと義を重んじるとこがまた2人が愛される理由の一つだと思います。

そんな拓郎さんとの久しぶりの共演、坂崎幸之助さんや篠原ともえちゃんなどLOVE×2ファミリー再集結!
きっと変わらない空気で賑やかながら楽しい番組が見れることと思います。
放送日の7/21はKinKi Kidsの記念日でもあります。生放送ではありませんがテレビの前で一緒にお祝い出来るのはとても嬉しいですね。

2017年4月14日 (金)

その感性で…

先日4/10は堂本剛くんのお誕生日でしたね。
ツイでは呟きましたが
改めて剛くん38回目のお誕生日おめでとうございました!!

繊細で感受性が強くそして多才な剛くん。
その個性的でアーティスティックな面にとても惹きつけられます。特にその少し甘い素晴らしい歌声には魅了されて仕方ありません。
時に個性的過ぎる故その発言や行動が誤解されることもあるけれど剛くんは感性の人だから剛くんは剛くんの思うままこれからも歩んでいって欲しいな。
悩み苦しみながらもこの世界に居てくれて本当に良かった。大好きな音楽に触れながら大好きな相方さんと共にこれからも素敵なハーモニーを奏でてね。

今年は夏に『銀魂』公開が控えてますが久しぶりに役者の剛くんが見れるのもとても嬉しいです♪
もともとはJr.時代に剛くんの演技に魅了されたのがKinKi Kidsを知るきっかけだったワタクシ。
役者の剛くんファンでもあるので楽しみで仕方ありません。役者の剛くんを見てるとやはり天性の感の持ち主に感じるんですよね。
体重を落とし福田監督の要望に応えすね毛を剃ってまで(笑)挑んだ高杉!!しっかりスクリーンで観ますからね。

そして何やら剛くんのソロも動き始める予感。

RE 剛プロジェクト

カウンターが動き始めましたね。それが記す5/29に何があるのかな?
5/29は剛くんのソロデビュー記念日らしいけどやはりソロライブなのかな?
とにかくドキドキワクワクです。

そしてその後にはまたKinKi Kidsで何かあるといいな。それまでに早く昨年のDVDも出して下さいね事務所様!

2017年4月 7日 (金)

『またいつか』を願って

2017・3・31
先月末をもって智くんがパーソナリティを務めるラジオ『Arashi Discovery』が終了しました。

2002年10月から始まって14年半。
ワタクシが聴き始めたのは2008年3月くらいからなのでそのうちの9年。
聴き始めた当時は我が家には有線がついていてそのチャンネルの一つにFM横浜があったので数年はそれで聴いていました。サービス業の為夜遅く朝も遅かったワタクシですが智くんのラジオを聴きたいが為に出来るだけ頑張って早起きしていたっけな。
強く記憶に残っているのは有線は下の部屋にあったので寝ぼけ眼でよく階段に座って聴いていたこと(笑)
また、早出で忙しい時は有線と古いラジカセ(笑)を接続し録音しておいて後から聴いたりもしてました。
先日そのカセットテープを探したら卓袱台の前で逆立ちしてひっくり返し怒られたエピソードや10周年の国立の話をしてましたね。
最初TVの時よりハイテンションな声色で話す智くんにちょっと意外だなとびっくりしたのも覚えてます。ラスト放送で青木Dが『ドラマ撮影中は気持ち的に大変そうだったと特に2008年魔王は激しいドラマだったから』の話から智くんが以上なテンションだったという話で納得。
確かにあの頃は特にハイテンションで喋ってたように思います。智くんも話してましたが無意識にそうなってたのかもですね。

有線を解約してからは以前から聞き逃した時などにお世話になっていたファンの方のレポにお世話になってました。ワタクシのような地方ファンには本当に有り難いレポ。特に最初お世話になっていたブロガーの方は本当に智くんの口調の文字起こし(表現)が上手くて、また一言感想が楽しくて大好きでしたね。その方はV6と嵐のファンの方でしたが嵐人気加熱と共にファンを卒業されレポも辞めてブログもお引っ越しされ凄く寂しかったのを覚えてます。それ以降は途中radikoプレミアムにお世話になったこともありますが2人の智ファンの方のレポやYouTubeにお世話になってました。
毎日一字一句丁寧に文字起こししレポして下さった全てのブロガーさんには改めて感謝です。
智くん自身一番気楽に出来る仕事だったと語っていたようにラジオは素に近い智くんを感じることが出来るうえ智くんのプライベートや嵐に関わるいろんな裏話を聞ける貴重な番組だっただけに本当に寂しく思います。
ラスト青木Dからのリクエスト♪Hit The Floorと共に“またいつか!”の言葉で締めくくった智くん。
その言葉を残した真意は分からないけれどとても嬉しく思います。

ちょうどその6日前、智くんの同期で心友である町田くんはバースデーイベントで自らの目標が心友との“またいつか”であることを町田くんらしいパフォーマンスでファンに伝えてくれたそうで感動していました。それだけに智くんがラジオで最後に残した“またいつか”はとても感慨深いものがあるんですよね。
“またいつか”は2人の合い言葉であることを
願いたいなと…。
町田くんのイベントはそれ自体も町田くんらしい優しさと思いがこもった素敵なイベントだったようで内容や感想をSNSで知り改めて町田くんの人柄に感動しました。そして更に町田くんを応援したいと強く思いました。
“またいつか”はずっと私の夢でもあるから…
町田くんのその人柄が繋ぐ縁できっと叶う!
なかなか地方の為東京中心の舞台は見に行けず
残念に思う日々でしたが今年はやっと見に行ける舞台も発表になり喜んでます。
今までは公演数短いうえに火曜休演がほとんどで…それをお友達に愚痴ってた矢先だったので“聞こえたかな(笑)”なんてお友達と喜びました(^-^)
追い風に少しでもなれたらいいな。


そして町田くんのもう一人の“またいつか”であろう光一くん主演舞台『Endless SHOCK』も同じく3/31日に無事千秋楽を迎えました。
同時に1500回公演を達成!!本当に素晴らしい偉業ですね!!
座長の光一くんはじめカンパニーの皆さん、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
光一くんの『(1500回達成)そこに甘んじてはいけないと思いますし今後もよろしくお願いしますという気持ちです』という言葉に相変わらず奢ることなくどこまでも高みを目指す光一くんにただただ感服しました。
大千秋楽のカテコはその1500回公演達成お祝いも兼ね約1時間半あったそうですね。
会場には東山紀之さんはじめ森公美子さんもお祝いに駆けつけたそうで。また、ミュージカル王子の井上芳雄くんや市村正親さんなどからはVTRでお祝いメッセージがあったそうでジャニーズという枠を越え一舞台人として光一くんが認められていることを嬉しく思います。

町田くんは今回は千秋楽の前日に佐野瑞樹くんと観劇に行ったようですね。
町田くんにとって『SHOCK』は舞台人としての在り方を多く学んだ場。そして光一くんはずっと尊敬する先輩。毎年観劇を欠かさないのは自分自身を奮い立たす為もあるのかなと想像します。いつか帝劇に自力で立つことも町田くんの中の一つの目標なのかなとも。
どんな形であれまた大好きな光ちゃんとも共演出来ることを心から願ってます。人一倍MAを気にかけてた光ちゃんだからきっと待ってるはず…。

終わりはまた新たな始まり…
その道はまだまだ続いているから。止まることなく歩み続ける大好きな人達と共にワタクシも
歩んで行きたいと思います。
『またいつか』を信じて…

«桜の季節に…

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ